sponsored link

スポンサードリンク


| ホーム |

全ての記事を表示する

釣った魚のシメ方、血抜きの方法、持ち帰り方

釣った魚のシメ方、血抜きと持ち帰り方

釣った魚の上手な持ち帰り方や魚のシメ方 血抜きをマスターする

釣った魚を締める最大の目的は鮮度を保つこと、釣り魚のうま味を最大限発揮することです。
漁師にサシ網や大敷網で捕られた魚は、海水の中で網に絡まり疲れはてて死んで行くか
網によって出来た外部的なキズにより死んでしまうか、死ぬまでには至らないが
弱り果てるかのどれかです。
釣った魚をその場(ボート船内や陸)でシメる場合は、全く違った魚の味(ウマイ)になります。
そのために適切な釣り魚の締め方と血抜きを実戦しなければなりません。
魚をシメて血液をすぐに抜くことにより魚身の生臭さが無くなりなります。
釣り魚を血抜きをしないと血液が筋肉内でかたまって味を悪くするのです。
魚を元気な内に締めると魚のストレスや暴れることによる魚体のキズを傷めることもありません。



釣った魚の上手なシメ方&魚の血抜きの方法
外締め
釣った魚の鰓(エラ)の付け根に包丁や鋭利な刃物で背骨を切断するように切り込みます。
こうすると釣った魚は即死に近い状態になります。
バケツに海水をたっぷり汲んでその中に先ほど背骨(魚の神経)を切断した魚を入れます。
しばらくその海水に入れておきます。こうすると魚の血液が固まらずにすべて抜けます。(血抜き)
大きな魚は尾ヒレと尾の付け根にも切れ目を入れて血が抜けやすいようにします。

釣った魚の持ち帰り方
釣った魚の鮮度を維持して持ち帰るにはクーラーボックスと氷が最低限必要です。
魚を持ち帰るときには氷をふんだんに使うのが魚の鮮度を落とさないコツです。
魚を直接氷につけるとせっかく釣った魚が痛みます。通常の氷は真水から作られています。
真水氷の解けた水に魚をつけると魚が水ぶくれになり味が落ちます。
直ぐに氷のなかに魚を置いただけではなかなか魚が冷却されません。(釣れたての魚は熱を持っています。この熱がクーラーボックス内で魚自体にこもったりして魚を傷めることになります。)
まず海水に氷をいれてその中に締めた魚を入れます。このようにして魚が十分冷えて魚が完璧に締まったら魚をビニールか新聞紙で個別に包んだ魚を細かく砕いた氷を入れたクーラーボックスに仕舞います。絶対に魚を直接氷に接しないように気をつけます。
釣具店で販売されている大きな氷はなかなか砕けません。アイスピックを持参するのが良いでしょう。

釣った魚の持ち帰る為の用具



・クーラーボックスor発泡スチロールボックス
・氷 溶け難い氷の作り方
・ナイロン袋、ラップ、ごみ袋など釣り魚に合った大きさの袋
・アイスピックやナイフなど、魚を締める道具と氷を砕けるもの。

釣った魚のおろし方
激安クーラーボックス人気ランキング
魚を締める方法について
釣った魚の保存に最適な真空パック

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣れたワカサギの持ち帰り方

ワカサギの食べ方について

ワカサギ釣りの醍醐味と言えば鈴なりになって釣れる釣り味、小気味よいわかさぎの引きなどもありますがわかさぎ釣り一番の醍醐味はやはり食べることです!!食べるの目的で釣りをする釣り人もたくさんおられるはずです。
釣れたての新鮮な公魚(ワカサギ)はとてもきれいで美味しいです。定置網などで獲れたワカサギより格別にウマイです。
それは釣り人が釣れたワカサギを最高の取扱をして、最高の鮮度を維持して家庭に持ち帰り、それを食するのですから当然です。
公魚という魚はサバやサンマなどに負けず劣らず鮮度の落ちが早い魚の一種ですので自分が釣って持ち帰ったワカサギが一番おいしいと言っても過言ではないでしょう。

釣れたワカサギの持ち帰り方

ワカサギは他の釣り魚のように(マダイ・ブリ・マアジ・シマアジなど)いわゆる「血抜き」というような処理をしなくても良いです。
ボート釣り編
ボート釣りの場合、釣れてしばらくはバケツなどに活かしておきましょう。(泳がせておく)
理由はワカサギは群れな作って湖や池を回遊しています。その回遊が釣り人のところへ来たときが大量に公魚を釣るチャンスタイムです。
一荷で釣れているときに、丁寧にワカサギをクーラーボックスに入れていては地合いを逃してしまいます。そこで、バケツに水を張り釣れたワカサギを仮保管しておくのです。釣れ釣れタイムが過ぎたら、活かしておいたワカサギをクーラーボックスに入れます。
このときの注意点は氷を直接魚に触れささないようにしましょう。ビニール袋にワカサギを入れて氷の入ったクーラーボックスに収納しましょう。
溶けにくい氷の作り方
穴釣り編
穴釣りの場合、氷・雪は山盛りそばにあるはずです。雪や氷の上にビニール袋を置き、釣れたら直接袋に入れていきましょう。
気温が高い場合は上記のボートワカサギ釣り編と同じような処理をしてクーラーに仕舞いましょう。
何度も念を押しますが、ワカサギは本当に痛むのが早い魚ですので細心の注意を払い持ち帰るようにしましょう。

釣れた魚(ワカサギ)の持ち帰り方ポイント
・釣れた魚を直接氷に当てないようにしましょう。
・ワカサギ(締めた後)水に漬けないようにしましょう。
・大型クーラーボックスではなく、小型クーラーボックスが使用しやすいです。

ワカサギ釣り全国人気釣り場
ワカサギ釣りに必要な用具
ワカサギ釣り用電動リール「Crystia ワカサギMR」
ガルプ アライブ アングルワーム
ワカサギ釣り仕掛けについて

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

チヌの人気料理方法

チヌの人気料理方法

チヌとは全国的には黒鯛(クロダイ)と呼ばれる人気の釣魚です。
水が良くないベイエリアでも釣れる魚で食べられる魚では無いと思っておられる方も多いようですが・・・チヌはとても美味しい魚なのです。

特に春のノッコミ時期寸前に釣れるチヌと秋から冬前ごろに釣れるチヌは食べるには旬と言え、とても美味しいです。

ベイエリアなど水が良くないエリアでも良く釣れる魚ですが食べるのであれば水が良い場所で釣れたクロダイ(チヌ)を食べることをオススメします。



チヌのオススメ料理方法一覧

刺身

マダイとは一味違うさしみを味わうことができます。
鯛(真鯛)よりチヌの刺身のほうが好むという方も多いほど
人気が高いチヌ料理です。
釣れたチヌを食べるのであればオススメの料理です。


塩焼き

この食べ方も特にオススメの黒鯛料理です。
綺麗な水で育ったチヌはエサも良く塩焼きで最高においしく
食べることができます。
手軽さの手伝い人気のチヌレシピとなっています。


ムニエル

バターと相性がすこぶる良いのがチヌという魚です。
ムニエルはオススメのチヌレシピです。


カルパッチョ

洋風刺し身風料理カルパッチョにも良く合う魚です。
チヌのカルパッチョは特にオススメのチヌ料理です。


煮付け

真鯛の煮付けとは一味違った美味しさが色濃く出るチヌ料理です。
魚好きの方はマダイよりチヌが好きという方が多いですが
数あるチヌレシピの中でも煮付けは味の違いを味わうことができる
オススメ料理です。



釣りチヌの持ち帰り方

釣れたチヌは必ず〆て(絞めて)血抜きをします。
この手間を入れるだけで食べたときの食味は一味もふた味も違ってきます。
締めと血抜きはそれほど重要なことなのです。
また、クーラボックスに魚を入れるときは氷の溶け水に魚が水没しないように袋さどに入れてから収めましょう。直に氷が魚に当たることもお勧めできません。

マダイ釣りの人気釣りエサについて
チヌ釣り用エサ一覧
魚を締める方法について
釣った魚の保存に最適な真空パック
カルパッチョの作れる釣り魚一覧

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

イカの持ち帰り方

イカの持ち帰り方

アオリイカ、コウイカ、ケンサキイカ、アカイカ、タルイカ、スルメイカ、ヒイカ、ヤリイカ・・・
釣り対象となるイカは日本全国でなかりの種類のものがいます。

季節ごとに良く釣れるイカが変わりますので同じ釣りフィールドでも狙えば一年中烏賊釣りを楽しむことができます。

いかによりそれぞれ味が異なるのもイカの特徴です。
イカを食べる為に釣る方も大ぜいいます。

釣ったイカを美味しく食べるためには適した持ち帰り方で鮮度を落とさず持ち帰ることが重要となります。

釣ったいかのオススメ持ち帰り方を一覧にしました。




釣り場でのイカの管理

ザルなどに釣ったイカを入れできるだけ海水を飲ませずにイカ管理すると
〆た後、イカの身が白く濁らずにきれいな状態で食べることができます。
アオリイカ。マイカ、ヒイカ、ヤリイカに特に有効です。

締め方も重要で釣ったらクーラーボックスに入れる前に必ず急所を突き(イカ〆具やナイフを使い)
いかを〆て持ち帰ることが重要です。
美味しく釣ったイカを食べる最重要ポイントが〆ることと言っても過言ではありません。


クーラーボックスに釣ったイカを入れる時のポイント

イカは直に氷の上に置くと身が氷焼けしてしまいます。
釣れたイカをクーラーボックスに収納するときは必ず直にいかを置かないで
収納することが重要です。
また溶けた氷の水にイカが浸かることもよくありません。
氷解け水にイカが水没しないようにする工夫が必要です。


イカを料理するときのポイント

イカは水をできるだけ使わずに調理することが美味しく食べるポイントとなります。
内臓を掃除した後は基本的に水は使わないようにしましょう。

イカの呼び名について
沖漬けのタレの作り方 スルメイカの食べ方
イカ釣り入門
アオリイカ沖漬け作り方
おいしいイカ人気種類一覧

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣ったイカを美味しく食べる為のコツ

釣ったイカを美味しく食べる為のコツ

イカ釣りブームです。
日本では釣り対象となるイカの種類は数多いです。
そのどれもがイカ釣りブームと言っても過言ではありません。
イカの呼び名について

特にアオリイカをエギで釣るエギング釣り方ブームが始まってから
他のイカ釣りも急激に人気が上昇しているようです。

エギングのような釣り方、ジギングのような釣り方で船からケンサキイカやソデイカ(タルイカ)を
狙うようになってからというもの・・・エギや鉛スッテ、メタルスッテで釣れる釣り対象イカは
春夏秋冬オールシーズン狙うようになりました。
タルイカ釣り入門

釣り人が何故そこまでイカ釣りにはまるのか・・・。
それはゲーム性の高い海釣りを楽しめる点と食べて美味しいからです。

ゲーム性の高い釣りはエギングスタイルのイカ釣り、ジギングスタイルのいか釣りが手軽に楽しめます。
他のルアー釣りやバス釣りファンが楽しむ姿を良く見受けます。
エギで釣れるイカについて

食べて美味しいイカですが、釣ったイカを美味しく食べる為には幾つかのポイントを押さえて
持ち帰る必要があります。

今回は釣ったイカを美味しく食べる為の持つ帰り方コツを一覧にしました。



真水、海水に浸らないように持ち帰る
全ての釣り対象となるイカに言えることですが、イカ類に水は禁物です。
釣ったイカを氷の溶け水やイカの吐き出した海水に浸しておくと身を白く濁し味が急激に落ちます。
クーラーボックスにスノコを敷いたりしてイカが水に浸からない工夫をして持ち帰ることが望ましいです。

釣ったら即〆る
釣ったイカはイカカンナから外す時に手早くましょう。
時合いで釣りを優先する場合はイケスやスカリに釣ったイカを入れておき、時間が出来たときに
素早く急所を突き絞めることが有効です。
野締めにしたイカより丁寧に〆たイカの方が持ち帰り食べた時に断然うまいです。
イカのしめ方アイテム一覧

イカに直接氷を当てない
敏感なイカの身は長時間氷をイカの身に直に当てると氷焼けしてしまいます。
釣ったイカを持ち帰るときは絶対に直にいかの身に氷を当てないようにしましょう。

この3点が釣りイカを持ち帰る一番簡単で効果的な持ち帰り方です。
沖漬けのタレの作り方 スルメイカの食べ方


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

シイラの食べごろ

シイラの食べごろ

シイラは世界中の暖かな海に生息する魚です。
釣り対象魚としてとても人気が高い魚です。
主にソルトゲームフィッシングの対象魚としてシイラは知られた存在ですが、
エサ釣りでも良く釣れる魚です。



キャッチアンドリリースをする釣り人も居れば、釣った魚は料理して食べる釣り人も多く居ます。

今回は後者である釣った魚は食べるという方に役立つシイラの食べ方や旬(食べごろ)を紹介します。

場所によりシイラの良く釣れる時期は前後しますが、基本的に日本でシイラが良く釣れる時期は
夏です。
シイラは春から夏にかけて産卵期に入ります。
産卵期に入る直前のシイラ、産卵後回復した秋ごろのシイラが食べるのであれば食べごろと言えます。

シイラは非常に鮮度が落ちやすい魚です。
釣ったシイラを美味しく食べる為には釣りあげた時から鮮度保持に気を使いたいです。
船上でしっかりと締めて血抜きをして(内臓も出すことが望ましい)(シイラの卵はとても美味しいので卵が
入って入れば残すこと)氷のたっぷり入ったクーラーボックスで持ち帰りましょう。
クーラーに入らないサイズのシイラはクーラーボックスに入る大きさに切ってしまいましょう。

シイラのオススメ料理はいくつもあります。
数多いシイラレシピの中でも特にオススメのシイラ料理を一覧にしました。

さしみ
シイラを刺身にする場合、鮮度の良いシイラを使うのが大前提となります。
ほど良い歯ごたえがありとても美味しいシイラ料理です。

ムニエル
淡泊なシイラに良く合うレシピがムニエルです。
シイラは脂分が少ない魚ですのでバターやオリーブオイルを多めにして調理するのが
オススメです。

フライ
ハワイではマヒマヒフライとして有名であり、人気が高い魚料理となっています。
シイラの数多い食べ方の中でも特にオススメのシイラの食べ方です。

ぶだいレシピ一覧
サンバソウ釣りとイシダイ料理
はまちの美味しい食べ方
シーラ人気料理食べ方一覧
小鯛食べ方について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣った魚を料理するコツ

釣った魚を料理するコツ

釣った魚を美味しく食べる為の料理のコツやポイントを一覧にしました。



・鮮度を保つ
釣った魚をおいしく食べるためには魚の鮮度を保つことが重要です。
釣り場から釣った魚を持ち帰る時が一番重要です。
出来れば釣りには魚を保存するための専用クーラーボックスを持って行きます。
飲み物や食べ物と一緒にしないのはできるだけクーラーボックスを開け閉めしない為です。
しっかりと保冷して魚を持ち帰るのがベストです。

・できるだけ水を使わず魚をおろす
内臓を取り出して水で洗った後は魚に(身に)水をかけないようにします。
水をかけると魚は水っぽくなりせっかくの釣りたての新鮮な魚も旨みが減ってしまいます。
釣った魚を美味しく食べるポイントとなります。

・魚や料理方法に応じた方法で捌く
三枚おろし、開き、ブツ切り、大名おろし・・・
魚のおろし方には色々な方法があります。
魚に応じた、または魚料理に応じた適した方法で魚を調理することが
釣った魚を美味しく食べるポイントとなります。

・できるだけ薄味で
濃い味付けがお好きな方が多いですが・・・
釣った魚の美味しさを存分に味わうためには出きるだけ薄味で料理します。
新鮮な魚ならではの魚本来の味を堪能することが出来るでしょう。
魚の真の美味しさを味わえるのは釣り人冥利に尽きると言えます。


※釣った魚を料理して美味しく食べる為には魚を適切な方法で〆て持ち帰ることが
重要です。〆ないでそのまま死なせた魚はいくら釣りたてとはいえ、味は落ちます。
氷締め、神経締め、サバ折など魚に応じた締め方で処理することがオススメです。
また魚により直ぐに内臓を出してしまったほうが良い魚もいます。
魚に応じた〆かたや持ち帰り方も研究するのが釣った魚も美味しく食べることに
なります。


釣りたてマアジの美味しい料理方法
釣った魚を持ちこみおろしてくれる店
釣ったときに取り扱いに注意したい魚
魚の締め方 魚の血抜き方法
釣り魚料理簡単レシピ"カルパッチョ"の作り方

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサードリンク

sponsored link

サイトカテゴリ

ボートフィッシング入門
▽ボート免許マニュアル
船舶免許(ボート免許)取り方
ボート免許 船舶免許
ボート免許不要ボートについて
▽ボートの買い方マニュアル
中古ボート販売情報
ボート購入ガイド
中古アルミボートについて
船舶保険について
▽レンタルボート情報
レンタルボートについて
▽ボートフィッシング情報
ボートフィッシング入門
ハンディGPSについて

釣り入門について
▽釣り用語解説
釣りの基本釣り用語解説あ行
釣り魚の危険
釣り魚事典
▽釣りの結び方マニュアル
針結び方
ライン結び方
釣り結び方 枝針結び方
バス釣り結び方
▽リールマニュアル
リール糸巻き量
電動リール使い方マニュアル
▽釣り糸について
ラインの種類・使い分け
▽釣り用オモリについて
オモリの種類と釣り用途
▽釣針のこと(フック) 釣り針について
▽ウキの種類
ウキの種類と使い方
▽釣りエサについて
釣り餌一覧
▽海上釣堀マニュアル 海上釣堀ナビ
海上釣掘について
▽バス釣りマニュアル
バス釣り入門
バス釣り結び方
▽雷魚釣りポイント
ライギョ釣り
▽手軽な釣りについて
堤防釣り入門
磯釣り入門
ウキ釣り入門
ザリガニ釣り入門
ファミリーフィッシング・デート向け釣り 堤防釣り 防波堤釣り入門
▽ワカサギ釣りマニュアル
ワカサギ釣りについて
▽フライフィッシングマニュアル
フライフィッシング入門
▽ジギングマニュアル
ライトジギング入門
インチク釣りについて
電動リールジギングの方法
▽夜釣りマニュアル
夜釣り入門
▽イカ釣りマニュアル
スミイカ釣り入門
ヤリイカ釣り入門
アオリイカ エギングについて
エギングワンポイントアドバイス
▽シーバスフィッシングマニュアル
シーバスフィッシング入門
▽シロギス釣りマニュアル
キス釣り入門
▽"イング"系ニュージャンルフィッシング
メバリング入門
アジングについて
▽沖釣りマニュアル
ライトタックル沖釣り入門
胴突き釣り入門
沖釣り入門
▽季節の釣りマニュアル
冬の釣り
▽アユ釣り入門
アユ釣り解禁情報速報
▽エリアフィッシングマニュアル
管釣り入門
▽オススメ釣りマニュアル本 釣り入門に最適な釣りマニュアル本
▽釣具メンテナンスマニュアル
釣具のメンテナンスについて
釣具メーカー別アフターサービス問い合わせ一覧
▽釣具激安情報&釣具カタログ集
中古釣具店情報
釣具比較 釣具インプレッション
釣具激安カタログ
釣具人気ランキング
全国激安釣具店ナビ
釣具買取店ナビ
フィッシングショー2009について
バークレー ガルプについて
フィッシング&アウトドアウェアカタログ
クーラーボックスカタログ
防水携帯電話人気機種
▽フィッシングの基本
釣り入門サイト
釣りの基本 釣りマナー&モラル
▽知って得する釣りのこと
釣りエサ解凍予約販売釣具店情報
釣り&アウトドア&観光 オススメフィールド情報
釣りビジョン番組ナビ
溶けにくい氷の作り方
釣り便利サイト
▽釣った魚を記録する方法
釣った魚の撮影方法
魚の剥製自作作り方
▽魚料理のポイント&魚をおろすコツ
釣り魚釣り方・食べ方
アウトドア簡単料理レシピ
▽魚の〆かた、血抜き方法
魚の締め方
釣った魚の上手な持ち帰り方
▽マイボート釣り釣果情報
釣り釣果速報
▽潮見表 潮汐情報
潮見表
▽釣り保険加入のススメ
釣り保険について

▽釣り公園ナビ
全国釣り公園ガイド
アウトドア入門
▽アウトドア初心者マニュアル
アウトドア入門
ボート・釣り・キャンプに役立つロープワーク
激安アウトドア用品店情報
▽テント設営マニュアル
テントの選び方
▽バーベキュー場情報(雨天BBQ対応)
全国バーベキュー場ナビ

釣り入門サイト  フィッシングボート アウトドア入門サイトマップ
サイトマップ

釣りブログをもっと見るなら

RSSフィード

最新記事

記事一覧

ブログ内検索


| ホーム |
レーシック