sponsored link

スポンサードリンク


| ホーム |

全ての記事を表示する

釣り魚の危険 毒を持つ魚

釣り魚の危険 毒を持つ魚

シガテラ毒
シガテラは、熱帯および亜熱帯海域の主としてサンゴ礁の回りに
生息する毒魚によって起こる死亡率の低い食中毒の総称で使われています。
よく知られるフグ毒やアレルギーを起こすサバ型魚類で起こる食中毒は除かれます。
シガテラという言葉は、カリブ海でシガciguaと呼ばれる巻貝の1種に由来するといわれる
シガテラ毒は最初の生産者は有毒藻類でこれを食べた草食魚がまず毒化し
次いで肉食魚に毒が移行するといわれています。
シガテラ毒は渦鞭毛藻がつくり、いちばんはじめに分離された毒がシガトキシンです。
毒性の強さは実験動物の半数が死亡する「半数致死量」であらわすことが多いそうです
マウスの半数致死量でシガトキシンは「フグ毒」のテトロドトキシンの約20倍も強いそうです。
ヒラマサ、バラフエダイ、カンパチ、イッテンフエダイ、イシガキダイ、サザナミハギ、オニカマス、マダラハタ、ギンガメアジ、ナンヨウブダイ、ドクウツボイシガキダイ
ハタ類、カワハギ類、フエダイ類、ベラ類、サメ類、ニザダイ類、ウツボ類、ブダイ類、フエダイ類など



フグ毒
フグ科魚類のほとんどの種類は体のどこかに毒をもっています。無毒の種類はごくわずかです。
また、有毒の種類とよく似ています。河豚を料理するときは普通の人がフグを自分で料理して食べるのは絶対にやめましょう。
食べられるフグ類および食べられる部分については厚生労働省が次のように指定しています。

適切な処理等により人の健康を損なうおそれがないと認められるフグの種類及び部位
クサフグ 筋肉○ 皮× 精巣×
コモンフグ 筋肉○ 皮× 精巣×
ゴマフグ 筋肉○ 皮× 精巣○
ヒガンフグ 筋肉○ 皮× 精巣×
アカメフグ 筋肉○ 皮× 精巣○
トラフグ 筋肉○ 皮○ 精巣○
カラス 筋肉○ 皮○ 精巣○
シマフグ 筋肉○ 皮○ 精巣○
メフグ 筋肉○ 皮× 精巣○
サンサイフグ 筋肉○ 皮× 精巣×
マフグ 筋肉○ 皮× 精巣○
ショウサイフグ 筋肉○ 皮× 精巣○
カナフグ 筋肉○ 皮○ 精巣○
シロサバフグ 筋肉○ 皮○ 精巣○
クロサバフグ 筋肉○ 皮○ 精巣○
ヨリトフグ 筋肉○ 皮○ 精巣○
イシガキフグ 筋肉○ 皮○ 精巣○
ハリセンボン 筋肉○ 皮○ 精巣○
ネズミフグ 筋肉○ 皮○ 精巣○
ハコフグ 筋肉○ 皮× 精巣○

刺胞動物毒
アオブダイ
ソウシキカワハギ
血清毒ウナギ

釣り魚事典 県魚(けんぎょ)ついて
釣ったときに取り扱いに注意したい魚
釣り餌一覧
釣った魚のおろし方

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣ったときに取り扱いに注意したい魚

釣ったときに取り扱いに注意したい魚
釣りあげたときに注意しなければキケンな魚が多数います。
猛毒を持つ魚、鋭いツノやクチバシを持つ魚、鋭い歯で噛み付く魚など・・・
釣った場合には十分注意しましょう。
特に毒トゲを持った魚に刺されるとひどく痛み、生死にかかわるほど
強い毒を持った魚もいます。
堤防釣りや沖釣りでも簡単に釣れる魚種でも超猛毒を持った魚も多数います。
釣りあげたときは十分注意しましょう。



毒トゲを持つ魚
ゴンズイ・ハチ・ミノカサゴ・オニオコゼ・オニダルマオコゼ・ハオコゼ
アブラツノザメ・アカエイ・ギバチ・ギギ・アメリカナマズ
アイゴ・ゴマアイゴ・マジリアイゴ・
鋭いトゲがある魚
トガリエビスダイ・エビスダイ・イットウダイ・マツカサウオ・マトウダイ
カガミダイ・イトヨ・フサカサゴ・カサゴ・アコウダイ・メバル・クロソイ
コチ・アカメ・アラ・スズキ・マハタ・チカメキントキ・ミシマオコゼ
テングハギ・ハリセンボン・イシダキフグ
鋭く尖った口(吻・フン)を持つ魚
ダイナンウミヘビ・ダツ・カナガシラ・カナド・バショウカジキ・クロカジキ
シロカジキ・マカジキ
○歯が鋭く危険な魚
ホシザメ・ドチザメ・ヨシキリザメ・ネムリブカ・アブラツノザメ・ウツボ・
ハモ・アカエソ・ムツ・イシダイ・イシダキダイ・イラ・オニカマス・タチウオ
ハガツオ・イソマグロ・ヒラメ
皮膚に毒を持つ魚
ヌノサラシ
粘液が多い魚
ヌタウナギ・クロアナゴ・ヒイラギ・ネズミゴチ・ヨメゴチ・ヌメリゴチ
トビヌメリ・メダイ
吸い付く魚
マダコ・イカ・カワヤツメ

釣り魚の危険 毒を持つ魚
魚を締める方法について
溶けにくい氷の作り方について
釣り魚事典 県魚(けんぎょ)ついて

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

食べられるフグの見分け方一覧

食べられるフグの見分け方一覧



海釣りでは河豚(フグ)が良く釣れてきます。
ショウサイフグ釣りのように専門的にフグを釣る場合や他の海釣りの外道魚として釣れる場合など河豚は釣りで釣れる魚なのです

一般的にフグ料理屋などに並ぶ食用フグはトラフグ、サバフグが多いですが釣りで釣れてくる河豚はこれらの食用になるフグの他、様々な種類のフグがいます。

食べられるフグ食べられないフグを一覧にしました。



フグの見分け方河豚一覧


食べられるフグ

トラフグ

トラフグの食べられる部位 筋肉・皮・精巣

マフグ

まふぐの食べられる場所 筋肉・精巣

カラスフグ

烏河豚の食べられる部分 筋肉・皮・精巣

シマフグ

シマフグの食べられる箇所 筋肉・皮・精巣

クサフグ

クサフグの食べて良い部位 筋肉

ゴマフグ

ごまふぐの食べられる部分 筋肉・精巣

ショウサイフグ

しょうさいふぐの食べられる部位 筋肉・精巣

ヒガンフグ

彼岸河豚の食べても良い部分 筋肉

シロサバフグ

白鯖河豚の食べられる部位 筋肉・皮・精巣

クロサバフグ

黒サバフグの食べられる部位 筋肉・皮・精巣

コモンフグ

コモンフグの可食部位 筋肉

サンサイフグ

サンサイフグの食べても大丈夫な部位 筋肉

アカメフグ

アカメフグの食べられる部位 筋肉・精巣

ハコフグ

箱河豚の可食部位 筋肉・精巣

カナフグの食べられる部分 筋肉・皮・精巣

ハリセンボン

ハリセンボンの食べても良い部位 筋肉・皮・精巣

ヒトヅラハリセンボン

ヒトヅラハリセンボンの可食部位 筋肉・皮・精巣

ナシフグ

ナシフグの食べても良い部位 筋肉



上記の食べられるフグの一覧を見てもわかるように河豚にはフグにより食べられる部位、食べられない部位があるのです。
筋肉は食べられるが白子は食べられないフグや白子や筋肉は食べられるがテッピ(皮)は食べられないフグなど釣りで釣れるフグにも色々な種類がいます。

食べられるフグと食べられないフグを見分けるのはとても難しいです。
非常に似ている種類のフグなども多くいます。
釣れたフグを調理して食べる・・・時にはとてもキケンな場合もあります。
河豚の調理は専門家に任せることをオススメします。

トラフグなどの河豚は法律で定められた者しか捌くことができない河豚もいるので十分注意しましょう。

釣り魚の危険 毒を持つ魚
釣ったときに取り扱いに注意したい魚
釣った魚の保存に最適な真空パック
溶けにくい氷の作り方について
魚調理用具カタログ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

堤防サビキ釣りで釣れる毒有り危険な魚一覧

堤防サビキ釣りで釣れる毒有り危険な魚一覧



漁港の堤防や釣り桟橋、釣り公園から釣る釣り方で人気のあるサビキ釣りはとにかく手軽に様々な釣り魚を釣ることができるのでとても人気があります。
さびき釣りは比較的足場の良い釣り場で楽しむことができますのでファミリーフィッシングやデート釣りにも最適な
手軽で簡単な海釣りです。海釣り入門にも最適な釣りがサビキ釣りと言えるでしょう!!

マアジ(豆アジ)、サバ、イワシ、コノシロ、コッパグレ(メジナの子)、サンバソウ(イシダイの子)などサビキ釣りでは本当に様々な釣りターゲットを釣ることができますが、毒を持った魚や鋭く危険なヒレを持った魚、また鋭い歯を持った魚などの危険な外道魚が釣れることがしばしばあります。

釣り場や釣りポイントにより釣れる危険な魚は異なりますが、一般的なさびき釣りで良く釣れてくる扱いに気を付けるべき魚を紹介します。

ベテランサビキ釣り師はともかく、釣り入門したての初心者の方の参考になれば幸いです。




サビキ釣りで釣れる毒を持った魚一覧

アイゴ

とてもヒキが強い魚ですので専門的に狙う釣り人も多い魚がアイゴです。
アイゴは磯場に近いサビキ釣り場で良く外道魚をして釣れます。
背びれや胸鰭に強力な毒を持ちます。刺されるとかなり痛む危険な毒魚です。
また、アイゴは食べてとても美味しい魚ですので釣れたら持ち帰る釣り師が多いです。
アイゴの毒は死んでも消えませんので、クーラーボックスに入れるときは捌くときにも十分な注意が必要です。


ハオコゼ

熱帯魚のようなカラフルでかわいい魚体の魚ですが背びれに刺されると痛む毒鰭があります。
堤防サビキ釣りや投げ釣りで良く釣れるので注意しましょう。


ゴンズイ

黒潮が当たる釣りポイントでのサビキ釣りで良く釣れる毒持ち魚がゴンズイです。
刺されるととても痛み強力です。万が一刺されてしまった場合はお湯に刺された患部を漬けるのが痛みを和らげるコツです。


ウツボ

磯場のギャングなどと呼ばれることが多いウツボは毒は無いですがとても鋭い歯、強靭な顎を持った獰猛な魚です。外洋に面した釣り場でのサビキ釣りや磯釣りで良く外道魚として釣れます。
ウツボに噛まれると大変なことになりますので、もしウツボが針掛かりしたら細心の注意を払う必要があります。


釣り魚の危険 毒を持つ魚
釣ったときに取り扱いに注意したい魚
食べられるフグの見分け方一覧
アイゴの釣り方・食べ方
釣り魚事典 県魚(けんぎょ)ついて

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

魚釣りでよく釣れる危険な生き物

魚釣りでよく釣れる危険な生き物

魚釣りでは毒を持った魚歯が鋭い魚など色々な生物が
釣り針にかかって釣れてきます。
よく釣れてくる危険な生物を一覧にしました。


ゴンズイ

堤防釣りや磯釣りで良く釣れる毒を持った魚です。
素手で触ると大変なことになります。
毒のある魚ですが食べるととても美味しい魚でもあります。


ハオコゼ


小さくかわいい魚ですがヒレに毒を持つ魚です。
釣り針を外すのが難しい場合はハリスごと切ってしまうのが安全です。


ウツボ


磯釣りや磯際の堤防で良く釣れるウツボは歯が鋭いので
要注意です。
蛇のようにウネウネで暴れますのでフックを外すのは困難です。
ウツボが釣れたら安全のため思い切ってハリスを切りましょう。


オニオコゼ


高級魚として知られているオニオコゼはひれに猛毒を持っている魚です。


海毛虫


ウミケムシは良く夜釣りで釣り針にかかってきます。
刺されるとかなり痛みますので注意が必要です。


タチウオ


歯が強烈に鋭い魚です。
タチウオは近年大人気の海釣りターゲットとなっています。
釣れたときには歯に十分注意しましょう。


ヒル


ひるは川釣りでよく見かける生物です。
血を吸われます。長時間大量にヒルに血を吸われると傷口が深くなります。
注意が必要です。


ヒラメ


かわいい顔をした魚ですが歯が強烈な魚です。
釣り針を外す時に歯を触らないようにしましょう。
噛み付かれると結構なダメージを受けます。

エイ


よく釣れるエイの代表がアカエイです。
尾っぽ部分に強力な毒を持っています。
刺されないように十分注意をしましょう。
またウエーディング時に踏みつけないようにしましょう。
サーフシーバス釣りなどで稀にエイを踏みつけ刺され病院送り・・・という事例も
あります。


オニカサゴ


良く釣るとはいえませんが(比較的深場にいる魚ですので専門的に狙います)
毒鰭を持った人気釣り魚ですので紹介しました。
食べるとかなり美味しい魚です。


サンノジ


船釣りや磯釣りの外道魚として名高いさんのじは尾の付け根に鋭いヒレ?(アジでいうセイゴのようなもの)が
刃物のように鋭く危険です。釣り針を外すときは十分注意しましょう。


アイゴ


人気の釣りターゲットであるアイゴはヒレに猛毒がある魚です。
死んでからも毒はありますので触ると危険です。
釣れたら切り取って持ち帰るのが基本です。
また切り取った毒鰭にも毒は残りますので注意しましょう。




釣り入門サイト オススメ釣りサイト集
釣ってみたい釣り魚ランキング
釣り魚の寿命
魚のさばき方マニュアル
食べられるフグの見分け方一覧

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

堤防釣りで釣れる毒のある魚

堤防釣りで釣れる毒のある魚

堤防釣りで良く釣れる毒のある魚を一覧にしました。
毒のある魚は絶対に触らないようにしましょう。
釣れた場合、ハリスを切るかメゴチバサミのようなアイテムを使って絶対に触れないように工夫しましょう。

毒の強弱は魚種により異なりますが・・・堤防で小さな魚でも病院送りになるほど強い毒を持った魚もいます。注意しましょう。




ハオコゼ

堤防釣りで良く釣れる毒のある魚です。
とても小さくかわいい容姿をした魚ですが鰭に毒を持っています。
毒ヒレに刺されると病院送りになるほどではありませんが
チクチク、ヒリヒリ・・・長い時間苦しむことになります。
子供が釣り刺されることが多い魚ですので注意したいです。


ゴンズイ

堤防釣りや磯釣り、磯際の船釣りで良く釣れる毒を持った魚です。
見た目は小ぶりのナマズのような感じです。
毒はかなり強烈で刺されると病院に行かなくてはいけなくなることも多いです。
ショックを起こし大事になることもあるとか・・・
ゴンズイが釣れたら絶対に触らずに釣り糸を切り捨てる(ハリスを切る)ことをオススメします。

アイゴ

ヒレに強烈は毒を持った魚です。
堤防釣りでも良くつれる魚です。
アイゴが釣れたら絶対に毒ヒレには触らないように注意が必要です。
引きの良い魚で食べてもおいしいことからアイゴを専門的に狙う釣り人も多いです。
釣り初心者がアイゴ釣りを楽しむ場合はとにかく注意が必要です。
アイゴは死んでからも毒を持ちます。持ち帰り料理して食べる時はさばく時も注意しましょう。


ウミケムシ

魚ではありませんが堤防釣りや船釣りで良く釣れる毒虫です。
刺されるとかなり痛みますので針掛かりしたら注意しましょう。

釣り初心者や入門したての釣り人にオススメに釣り
サビキ釣りセットおすすめ一覧
夏休みおすすめ釣り一覧
女性の釣り入門
7月のボート釣りおすすめ釣魚

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

ゴンズイ食べ方

ゴンズイ食べ方

堤防釣りの名物外道魚であるゴンズイ
堤防釣りで釣れる毒のある魚
ゴンズイをメインターゲットにして釣りをする人は少ないです。



外道魚の中でもゴンズイは特に釣り人から嫌われている魚です。
何故かと言うと・・・ごんずいの鰭には強力な毒があるのです。

ゴンズイの毒針に刺されるとかなり痛むそうです。
(死んでも毒は消えませんので取り扱い要注意です)
魚釣りでよく釣れる危険な生き物


強力な毒を持った魚ですが食べるとなかり美味しい魚として知られています。
釣ったときに取り扱いに注意したい魚
海に近い土地でしか手に入らない魚と言っても過言では無い魚です。
都会の魚屋ではゴンズイを先ず見かけることが無いでしょう。

一般の方がゴンズイを見かけるのは堤防釣りをした時ぐらいです。
またゴンズイを手に入れることができるのも釣り人ならではと言えます。

今回は普段は外道魚として嫌われ者のゴンヅイの食べ方をピックアップしました。

※ゴンズイの取り扱いにはくれぐれも注意をしてください。
切り取った毒鰭は毒が残ります。シンクで刺されないように要注意です。
切り取ったゴンズイの毒ヒレは重ねた新聞紙などに厳重に包み捨てることが基本です。
釣った魚を持ちこみおろしてくれる店

みそ汁

ゴンズイの一番基本的なレシピが味噌汁です。
毒トゲ、内臓を取ったゴンズイを綺麗に洗い(ヌメリを取る)ぶつ切りにして
好みの野菜(白ねぎやわかめなど)と煮て味噌を説き作るだけの簡単調理で
最高に美味しいみそ汁が作れます。
ゴンズイから出る出汁はガシラやオコゼなどと並ぶほど良いダシが出ます。
ゴンズイを釣って食べるのであれば一度は作っていただきたい料理です。


かば焼き

ナマズの蒲焼きが美味しいのはグルメな方には有名です。
見た目がナマズと良く似ているゴンズイもかば焼きにすると最高に美味しいです。
身が小さいので捌くのに手間を取られますが作る値打ちのあるゴンズイ料理です。
甘辛いタレに付けて焼くと最高に美味しい蒲焼きができます。
蒲焼き以外のうなぎレシピ集

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

メゴチバサミ人気一覧

メゴチバサミ人気一覧

あまり専門的に狙って釣る魚ではないメゴチ。
メゴチはヌメリが強く臭いも強烈。そしてヒレもチクチク痛い魚です。

メゴチはキス釣りの外道で釣れてくる常連魚ですができれば釣り針外し時に素手で触りたくない魚です。

釣具屋に行けばマゴチをつかむのに最適なはさみであるメゴチバサミが販売しています。
人気の高いメゴチバサミを紹介します。
釣った魚を持つランディングツール一覧

ダイワ メゴチハサミ



シンプルで使いやすいメゴチバサミの人気アイテムです。
ステンレス製のメゴチはさみですので錆びにくいのが特徴的です。
メゴチ(ガッチョ)の他、アイゴやゴンズイ、ハオコゼなど毒のある魚をつかむときに
便利な釣具です。
ゴンズイ食べ方

釣王 メゴチバサミ 曲



あるようで少ない曲タイプのメゴチはさみです。
釣王メゴチバサミの最大の特徴は曲です。
曲がっていることでつかみやすく扱いやすいです。
ステンレス製のガッチョはさみですので錆びにいです。
アイゴの釣り方・食べ方

拙者メゴチばさみ



超小型のメゴチはさみです。(15mm×110mm)
ベストにも取り付けられるほどの大きさのメゴチバサミです。
他のメゴチバサミとは違うユニークな形状をしたメゴチバサミですが
魚のキープ力が凄まじく、使いやすいです。
メゴチの他、ハオコゼやウミケムシなどの小型毒魚、毒を持った虫を釣り針から外すときに
便利なアイテムです。
釣り魚の危険 毒を持つ魚

つかめるねん 18cm



メゴチをはじめあらゆる魚をつかむことができる魚バサミです。
持ち運びに安全なプラスチック製です。
プラスチックで出来たメゴチバサミですが、しっかり魚をつかむことができます。
ヌメリや毒がある魚を釣り針から外すときだけではなく、手の温度で魚を傷めたくない時にも
あれば便利なアイテムです。
アジなど体温で弱る魚をつかむ時にも役立ちます。
堤防釣りで釣れる毒のある魚


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣りあげた時に注意するべき釣魚

釣りあげた時に注意するべき釣魚

釣魚には歯が鋭い魚、毒がある魚、鰭が鋭い魚など危険な魚がたくさんいます。

若狭湾で良く釣れる釣りあげた時に注意するべき釣魚を一覧にしました。



エソ(歯)

エサ釣り、ジギング、ルアー釣り・・・若狭湾では色々な釣りで外道魚として
釣れる魚の代表的存在です。
エソは歯がカミソリのように鋭く、素手で口元を触ると危険です。
ペンチやフィッシュグリップを使い釣り針を外しましょう。

オコゼ(鰭に毒)

超高級魚であるオコゼは若狭湾では良く釣れる魚です。
ヒレに猛毒がありますので注意したいです。
オコゼが釣れたら釣り針を外そうとせず、ハリスごと切り落としましょう。
持ちかえり食べる場合は毒のある鰭を船上で切り落とし海に捨てて帰りましょう。
オコゼの毒鰭に刺される時の多くはクーラーボックス内です。
船上で切り落とせが刺されることがありません。

アイゴ

船釣り、磯釣りで、堤防釣りで良く釣れる魚です。
おこぜと同様、ヒレに猛毒があります。
掛かった釣り針を外す時は細心の注意を払いましょう。

ヒラメ(歯)

高級魚で知られた存在である平目は歯が非常に鋭いです。
ヒラメは獰猛な魚ですので噛みつくことがあります。
釣り針を取る時は細心の注意を払いましょう。

ガシラ(鰭鋭い)

若狭湾では岸釣りから沖釣りまであらゆるポイントで年中釣れる根魚です。
ガシラには毒はありませんがエラブタや鰭がとても鋭いので刺されないように
気を付ける必要なあります。

ハオコゼ(ヒレに毒)

堤防釣りや岸から近いポイントでのボート釣りなどで良く釣れる毒がある魚です。
見た目がとてもかわいいので毒があるとは思えないのですがヒレに毒があります。
刺されると長時間痛みますので釣りあげた場合は注意が必要です。

サワラ(歯が鋭い)

さわらやその幼魚であるサゴシは若狭湾では良く釣れる魚です。
歯がとても鋭い魚ですのでフックを外す時に注意が必要です。

憧れの夢の釣り魚種
釣り魚の寿命
食べるために釣りたい魚
ゴンズイ食べ方
アイゴ釣り入門

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

歯が鋭く扱いに注意したい魚

歯が鋭く扱いに注意したい魚

歯が鋭い魚は数多くいます。
釣り対象魚でも歯が鋭い魚は多数います。
今回は歯が鋭く、釣り針を外したりする時に要注意な釣魚を一覧にしました。



エソ

専門的に狙う魚ことはありませんが・・・海釣りで良く釣れる魚です。
歯がとても鋭いので釣り針外しには細心の注意を払う必要があります。
エソは食べて美味しい魚です。
すり身にして揚げたり焼いたりして食べると格別です。

タチウオ

歯がとても鋭い魚です。
噛まれると大けがすることとなります。
ルアーやテンヤを外す時は必ずプライヤーなどを使い歯に注意しましょう。
歯が鋭いのでハリス切れもおこしやすいです。
タチウオ釣りは太ハリスやワイヤーリーダーを結ぶことが基本となります。

サワラ

歯がきつい魚として良くしられた魚です。
温暖化に伴い、とても良く釣れる魚となりました。
サワラが釣れたら歯に注意しましょう。
釣りものの新鮮な鰆はとても美味しいです。
焼き物、揚げ物、味噌漬け、さしみ・・・色々な料理で
サワラは美味しく食べることができます。

ヒラメ

歯が鋭い魚として良く知られた魚です。
攻撃性の高い獰猛な魚ですので釣り針を外す時は要注意です。
冬に釣れる平目は食べて絶品です。
さしみ、すし、焼き物、蒸し物など色々な料理で美味しく食べることができます。

イソマグロ

ジギングで良く釣れる魚です。
かなり歯が鋭い魚です。
釣れたら釣り針を外す時に注意が必要です。


釣り魚の危険 毒を持つ魚
魚釣りでよく釣れる危険な生き物
釣ったときに取り扱いに注意したい魚
アイゴの釣り方・食べ方
堤防釣りで釣れる毒のある魚

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

シガテラ毒に注意したい釣魚

シガテラ毒に注意したい釣魚

食中毒(自然毒)であるシガテラ毒は釣り対象魚でも持っている魚種がいます。
特に暖かい海(南方系海域)で釣れる魚に多く、注意が必要です。
従来は南方の暖かい海域で釣れる魚にシガテラ毒がある場合が多かったのですが
最近では温暖化の影響を受け本州で釣れる魚でも強シガテラ毒を持つ魚も増えてきています。

釣り対象となる魚でシガテラ毒を持つ魚を一覧にしました。



ヒラマサ

人気の釣り対象魚であり人気食材であるヒラマサ。
全てのヒラマサにシガテラ毒があるわけではないですが南方で釣れた大型ヒラマサには
シガテラ毒を持つ個体がいます。


カンパチ

ヒラマサと同じく人気釣魚であり人気の高級食材ですがシガテラ毒を持つ可能性があります。
特に南方で釣れたカンパチには注意が必要です。


イシガキダイ

若いイシガキダイには少ないですが・・・年をとった大型イシガキダイはシガテラ毒を持つことがあるので
釣って食べる場合には注意が必要です。


バラフエダイ

沖縄の人気釣り対象魚種ですがシガテラ毒を持つ可能性がある魚ですので釣って食べる場合には
注意が必要です。
大きいバラフエダイには特に要注意です。


バラダイ

最近、築地でバラダイが取引されて騒がれたシガテラ毒を持つ魚です。
シガテラ毒を持つ可能性が高い魚ですので食用にするには要注意です。
バラダイに似た魚が良く釣れますので判別をしっかりしたいです。


アズキハタ

超高級魚として世に出回る魚ですが・・・釣れる場所によりシガテラ毒を持つ危険がある魚です。
釣り味が良い根魚ですので釣り対象としても人気が高いですがシガテラ毒には注意しましょう。


フグ食べ方料理について
釣り魚の危険 毒を持つ魚
魚釣りでよく釣れる危険な生き物
釣ったときに取り扱いに注意したい魚
見た目が良くないが食べると美味しい釣魚

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサードリンク

sponsored link

サイトカテゴリ

ボートフィッシング入門
▽ボート免許マニュアル
船舶免許(ボート免許)取り方
ボート免許 船舶免許
ボート免許不要ボートについて
▽ボートの買い方マニュアル
中古ボート販売情報
ボート購入ガイド
中古アルミボートについて
船舶保険について
▽レンタルボート情報
レンタルボートについて
▽ボートフィッシング情報
ボートフィッシング入門
ハンディGPSについて

釣り入門について
▽釣り用語解説
釣りの基本釣り用語解説あ行
釣り魚の危険
釣り魚事典
▽釣りの結び方マニュアル
針結び方
ライン結び方
釣り結び方 枝針結び方
バス釣り結び方
▽リールマニュアル
リール糸巻き量
電動リール使い方マニュアル
▽釣り糸について
ラインの種類・使い分け
▽釣り用オモリについて
オモリの種類と釣り用途
▽釣針のこと(フック) 釣り針について
▽ウキの種類
ウキの種類と使い方
▽釣りエサについて
釣り餌一覧
▽海上釣堀マニュアル 海上釣堀ナビ
海上釣掘について
▽バス釣りマニュアル
バス釣り入門
バス釣り結び方
▽雷魚釣りポイント
ライギョ釣り
▽手軽な釣りについて
堤防釣り入門
磯釣り入門
ウキ釣り入門
ザリガニ釣り入門
ファミリーフィッシング・デート向け釣り 堤防釣り 防波堤釣り入門
▽ワカサギ釣りマニュアル
ワカサギ釣りについて
▽フライフィッシングマニュアル
フライフィッシング入門
▽ジギングマニュアル
ライトジギング入門
インチク釣りについて
電動リールジギングの方法
▽夜釣りマニュアル
夜釣り入門
▽イカ釣りマニュアル
スミイカ釣り入門
ヤリイカ釣り入門
アオリイカ エギングについて
エギングワンポイントアドバイス
▽シーバスフィッシングマニュアル
シーバスフィッシング入門
▽シロギス釣りマニュアル
キス釣り入門
▽"イング"系ニュージャンルフィッシング
メバリング入門
アジングについて
▽沖釣りマニュアル
ライトタックル沖釣り入門
胴突き釣り入門
沖釣り入門
▽季節の釣りマニュアル
冬の釣り
▽アユ釣り入門
アユ釣り解禁情報速報
▽エリアフィッシングマニュアル
管釣り入門
▽オススメ釣りマニュアル本 釣り入門に最適な釣りマニュアル本
▽釣具メンテナンスマニュアル
釣具のメンテナンスについて
釣具メーカー別アフターサービス問い合わせ一覧
▽釣具激安情報&釣具カタログ集
中古釣具店情報
釣具比較 釣具インプレッション
釣具激安カタログ
釣具人気ランキング
全国激安釣具店ナビ
釣具買取店ナビ
フィッシングショー2009について
バークレー ガルプについて
フィッシング&アウトドアウェアカタログ
クーラーボックスカタログ
防水携帯電話人気機種
▽フィッシングの基本
釣り入門サイト
釣りの基本 釣りマナー&モラル
▽知って得する釣りのこと
釣りエサ解凍予約販売釣具店情報
釣り&アウトドア&観光 オススメフィールド情報
釣りビジョン番組ナビ
溶けにくい氷の作り方
釣り便利サイト
▽釣った魚を記録する方法
釣った魚の撮影方法
魚の剥製自作作り方
▽魚料理のポイント&魚をおろすコツ
釣り魚釣り方・食べ方
アウトドア簡単料理レシピ
▽魚の〆かた、血抜き方法
魚の締め方
釣った魚の上手な持ち帰り方
▽マイボート釣り釣果情報
釣り釣果速報
▽潮見表 潮汐情報
潮見表
▽釣り保険加入のススメ
釣り保険について

▽釣り公園ナビ
全国釣り公園ガイド
アウトドア入門
▽アウトドア初心者マニュアル
アウトドア入門
ボート・釣り・キャンプに役立つロープワーク
激安アウトドア用品店情報
▽テント設営マニュアル
テントの選び方
▽バーベキュー場情報(雨天BBQ対応)
全国バーベキュー場ナビ

釣り入門サイト  フィッシングボート アウトドア入門サイトマップ
サイトマップ

釣りブログをもっと見るなら

RSSフィード

最新記事

記事一覧

ブログ内検索


| ホーム |
レーシック