sponsored link

スポンサードリンク


| ホーム |

全ての記事を表示する

釣りの基本 ラインとラインの結び方 初級編

釣り用ラインシステム結び方
釣りの基本 ライン結び方について



FGノット
釣り全般に使えるオールマイティーなラインシステムです。
PEラインとリーダーとの結束は最強強度のノットです。
ソルトルアーフィッシングをはじめ、エギング、ジギング、沖釣りなど。
釣り初心者には少々難しいラインシステムですが、反復練習して必ずマスターしましょう。
大物釣り・ルアーフィッシング対応最強スーパーラインシステムノットです。
FGノットはメインライン+ショックリーダーの完璧な結び方です。

SFノット
釣りに使えるオールマイティーで素早く簡単に組めるノットです。
釣り初心者でも簡単に出来るラインシステムですが強度はしっかり安心して釣りが出来ます。
ノット結束部の結び目がとても小さいのでエギングやシーバス、GTキャスティング釣りなどに向いています。
手軽で簡単なSFノットですので、手元が見にくい夜釣りや船の上でもラインシステムが組みやすいのが最大の特徴です。
釣りフィールド(釣りをしている現場)ではSFノット、自宅でラインシステムを組む場合はFGノットを・・・と使い分けている
アングラーも多いです。
大物釣りでも使えます。大物を釣った実績も多数あります。

フィッシャーマンズノット 
ソルトウォーターフィッシングなどに良く使われる簡単ノットです。
初心者にオススメ釣り結びです。

電車結び
ラインとラインとの結束といえば電車結びです。
強度は強くないですが、簡単な結び方ですので是非覚えましょう。
渓流釣り・川釣り。鮎釣り・完全ふかせ釣りなどに最適ラインシステムです。

ブラッドノット
電車結びより強い糸+糸を結束する結び方です。
釣りジャンルを問わずに使用できる釣り用結束システムです。
沖釣り・渓流釣り・川釣り。鮎釣り・完全ふかせ釣り・船釣りなどに最適ラインシステムです。

トリプルエイトノット(八の字ノット)
磯釣り・エギング・ルアーフィッシング・ジギング・沖釣り・バスフィッシング・シーバス釣り・
フライフィッシング・川釣り・渓流釣り・ソルトウォータフィッシング・スポーツフィッシングなど
どんな釣りにも対応する釣り初心者でも簡単に組めるラインシステムノットです。。
トリプルエイトノノットの結束強度は低いですが、ライントラブル時用ラインシステムノットとしては
十分に使うことが出来る人気ノットです。
ビギナーアングラーでも簡単に組めます。

MIDノット(ミッドノット)
フィッシングラインシステムの中でもトップクラスの強度があるMIDノットです。
MIDノット(ミッドノット)はSFノットと同じく結び目がとても小さい(結び目無し)ので
キャスティングする釣り(バスフィッシング・シーバスフィッシング・メバルフィッシング・エギングなど)に最適です。
大物魚用ラインシステムノットとしても最高の安心感です。

オルブライトノット
釣り全般に使える昔からある有名、人気ノットです。
ビミニツイストで作ったダブルラインで組むラインシステムは安心感抜群です。
初心者にオススメの簡単ラインシステムです。

ラインシステムを組むときの注意点・ラインシステムアドバイス
釣りの現場で直ぐにはできません。十分自宅で練習して下さい。
反復練習さえすれば全て簡単にノット製作できるようになります。
釣り糸結束部の締め込み、編み込みは確実にしっかりとするのがラインシステム製作の
重要ポイントです。
ラインを締め込む時は結束部を湿らせ、ラインを持つ手を保護(糸で手が切れないように)して
しっかりと締めこんでください。
初心者の方はこの締め込みが出来ていなくて、スッポ抜けすることが多いです。

バス釣りライン結び方
ラインシステム補助ツール
エギングPEライン人気売れ筋ランキング
ファイヤーラインクリスタルについて
釣りマニュアル本人気ランキング



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

ラインとラインの結び方 ラインシステムマニュアル

ラインとラインの結び方 ラインシステムマニュアル

釣りでラインとラインを結ぶ"ラインシステム"の結び方を説明しているマニュアル本、動画DVDマニュアルをサーチしました。ラインとラインを結ぶラインシステムはジギングやライトジギング、エギングボートエギング、投げ釣り(シロギス釣り)、ライトタックル沖釣り、バス釣りなど様々な釣りで使用することができる結び方で、特にPEライン(ピーイーライン)を使用した釣りに役立つ釣り結びです。PEラインとショックリーダー(リーダー)を結ぶのに絶対に必要な結び方です。

わかりやすい解説のラインシステムマニュアル一覧

YGKよつあみ べイシックノット辞典(基本編) DVD


釣り糸の結び方の基本的なものを解説しているDVDです。
PEラインとリーダーを結ぶラインシステムを覚える前に習得しておきたい釣り結びの基本全28種類完全収録されています。
一重結び、8の字結び、ユニノット、クリンチノット、電車結び、ブラッドノット、サージョンズノット、巻き結び(万能結び)、外掛け結び、内掛け結び、8の字チチワ、スパイダーヒッチ、ループノット、ループtoループ、Wループtoループ、チチワ締め切り、チチワ肩掛け、ハングマンズノット、バロマーノット、最強結び、8の字結び 、編み付けダブル、編み付けトリプル、ウキ止め結び方、ぶしょう付け
釣りの基本結び方が全てマスターできます。


YGKよつあみ べイシックノット辞典(応用編) dvd


べイシックノット辞典応用編はラインとラインの結ぶラインシステムが全30種類完全収録されています。
このDVDマニュアルに解説されているラインシステムをマスターすればジギングからエギング、アユ釣り、投げ釣り、バスフィッシングなど様々な釣り(特にPEラインを使用した釣り)に役立ちます!!
オフショアスイベルノット、ダブルラインホーマーロード、ピミニツイスト、3つ編み、4つ編み、薩摩締め、オルブライト、フィッシャーマンノット、ノーネームノット、MIDノット、バックラットノット、SFノット、FGノット、エンディングノット1、エンディングノット2、内掛け結び1、内掛け結び2、根巻き上げ、ケプラー+ナイロン、ノットタイプでループ1、ノットタイプでループ2、ワインドオンリーダー、スペーサーリーダー、ケプラーリング シングル、ケプラーリング シングル+鈎、ケプラーリング ダブル、ケプラーリング ダブル+鈎、回転系アシストフック シングル、回転系アシストフック ダブル、両端アシストフック

釣り針のこと
釣り針結び方
釣り用ラインシステム結び方
釣り針結び方マニュアル
エギングラインシステム ワンポイントアドバイス

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

アユ釣り金属糸の結び方

アユ釣り金属糸の結び方



アユ釣りで使用する金属の水中糸"メタルライン"(単線・複合糸)はつけ糸を結ぶことで糸本来の強さを発揮できる特殊なアユ釣り糸です。
一般的に金属糸(メタルライン)を使用した釣り仕掛けでアユ釣りを楽しむ場合、泳がせ釣りではなく引き釣り系の釣り方がポピュラーです。(単線メタルライン) 複合糸は釣り方の工夫次第で引き釣りも泳がせ釣りもできるオールマイティーなラインと呼べます。



簡単なメタルラインの結び方

簡単でオススメな人気鮎釣りメタルライン結び方
とにかく簡単で誰にでも手軽に金属糸を結束できる簡単鮎釣り結び一覧です。

電車結び
釣り結びでラインとラインを結ぶ結び方として一番手軽で簡単に結べるノットが電車結びです。
ジギング、エギング、沖釣り、渓流釣りなどあらゆる釣りジャンルに活躍するフィッシングノットです。
鮎釣りの金属糸結び方としても電車結びは安定した強度と簡単な結び方として人気のあるアユ釣り結びです。
鮎釣り用メタルラインは他の釣り糸と比べ特に細糸ですので電車結びがマッチします。

電車結び結び方マニュアル
釣り用ラインシステム結び方


アユ釣りで金属糸をツケ糸と結ぶときにには補強として極少量の瞬間接着剤を電車結びで結束した
結び目に落とすと完璧です。釣り場ではなかなかできませんが、自宅で仕掛けを製作するときなど時間と余裕があり
丁寧な釣り仕掛けを作るときはアロンアルファなどの瞬間接着剤をつける結び目に水で湿らせた3ミリ四方のティッシュペーパーをおき、その上にボンドを落とすと完璧な結び目補強になります。この金属糸+つまみ糸結び補強はかなり効果があります。
アユ釣り仕掛け結びを上手にするコツと言えます。



アユ釣りの金属糸の接続方法は編みつけ方法やメタルジョイント(編みつけ糸による)などを使用した接続方法がありますが釣り場(川の中や河原)などの実釣時に役立つ簡単な結び方としては電車結びがオススメです。

釣り針結び方
溶けにくい氷の作り方について
アユ釣りメタルライン人気ランキング
釣り保険について

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

PEライン結び方一覧

PEライン結び方一覧



PEラインを使用した釣りは今や当たり前になりました。
最近では良く知られていることですが、PEラインはショックリーダーと言われるヒットした魚の衝撃を緩和する先糸を結ぶことが重要なポイントです。
これは針掛りした釣りターゲットをバレにくくすること、障害物や魚の歯でラインの痛めないようにするなど色々なメリットがありますが、PEラインにリーダーを結ぶ最大のメリットは結びに弱いpeラインの特性をショックリーダーを結ぶことで結び目からラインが切れにくくなると言う点です。

これによりPEラインの強度をフルに使うことができますので、思い切って細号のPEラインで釣りを楽しむことや
メインラインを細くしリーダーを太くしたりして様々なアレンジをして釣りをすることが可能になります。
PEラインとリーダーの結び方をマスターすれば釣りの幅が大きく広がるのです。


PEラインとリーダーの結び方は複雑なノットから超簡単に結べるラインシステムまでとても多くの結び方があります。選ぶラインシステムにより結ぶ手間、強さ(強度)も異なります。

釣り人の好みにより好き嫌いは分かれますが、代表的なPEライン結びを一覧にします。
これから初めてPEを使った釣りに挑戦する方などの目安になれば幸いです。

沖釣りに最適なPE結び方

FGノット
SFノット
オルブライトノット
ミッドノット
PRノット


ソルトジギングに良く使われるPEノット

エフジーノット
ノーネームノット
MIDノット
八の字ノット
パックラットノット


エギングに最適なラインシステム

ネイルノット
エスエフノット
FGノット
電車結び(応急的PE結び方)
ノーネームノット

バス釣りに最適なPE結び

SFノット
FGノット
オルブライトノット
ノーネームノット


強度があるとても強いPEラインとリーダーの結束ノット
・FGノット
・MIDノット


釣り用ラインシステム結び方
釣り針結び方マニュアル
エギングラインシステム ワンポイントアドバイス
バス釣りライン結び方
簡単PEラインの結び方 簡単ラインシステム

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

peラインの結び方解説一覧

peラインの結び方解説一覧

peラインは今や釣りに欠かすことのできない釣り糸となりました。
この釣り糸はとても強度が高い強い釣りラインなのですがショックリーダーと呼ぶショックを吸収する先糸(リーダーライン)を結ばなくてはその強度を活かすことができません。

PEラインとリーダー結びに使用するショックリーダーを結ぶ方法は特殊な釣り結びを使用します。この釣り結びを「ラインシステム」と呼びます。

今回のpeライン結び方解説(ラインシステム解説)では釣り魚別使い分けのポイントなどの説明を加えながらの一覧にしました。



詳しいPEライン結び方解説

釣り用ラインシステム結び方

バス釣りpeライン結び 

FGノット

エフジーノットは釣りジャンルを問わずに使える最強ラインシステムです。
慣れるまでは結び方が難しく感じる方が多いようですが練習すれば誰でも手早く結束できるようになります。とにかくFGノットは強い結び方です。バス釣りだけではなくあらゆる釣りにオススメできるラインシステムです。


エギングオススメPE結び 

ノーネームノット

ノーネームノットは夜釣り(夜エギング)でも比較的簡単に手早く組めるラインシステムですのでエギングには最適でしょう。強度もあり結び目も小さいノットですのでエギングにオススメです。
簡単に結べるPEリーダー結び方ですが風の強い日や波が高くボートや船が良く揺れる日などの悪コンディション時、
また夜で手元が見えにくい時には結びにくいです。何回も練習してどんな悪いコンディションでも確実に結べるように
練習することをオススメします。


ジギングオススメ結び方 

MIDノット

ミッドノットもFGノットと並んで特に強いラインシステムの一つです。
遠征釣り(ジギングやキャスティング釣り、深海釣りなど)などの大物釣りにも信頼して使えるPEとリーダーを結ぶ方法のひとつです。
かなり強い結び方ですが細いpeラインと細いリーダーを結ぶには少々結びにくいラインシステムでしょう。
midノットは太いPEと太いショックリーダーを結ぶのに特に適したノットでしょう。



ファイヤーラインクリスタルについて


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

強いPEラインとリーダーの結び方一覧

強いPEラインとリーダーの結び方一覧

PEラインを使うにはpeラインとリーダーを結ぶ「peラインシステム」を多用するのはもはや釣り結びの常識となりつつあります。

主にPEラインはエギングやジギング、シーバスフィッシングなどのソルトウィーターフィッシングで良く使われるものでしたが今ではバス釣りやワカサギ釣り、アユ釣りなど淡水釣りにも多く使われる強く人気のある釣り糸となりました。

強いPEラインの特性を活かすラインシステム(peラインとショックリーダー結び方)には色々な結束方法があります。十年ほど前には数えるほどしか知られていなかったPEライン結びですが今ではラインシステムの研究が進みかなり多くの強い結び方が広められました。

特に強く切れにくい人気peラインとリーダーの結び方を一覧にしました。



強いpeラインとリーダーの結び方一覧

fgノット 

エフジーノットと呼ばれるこの結び方はとても強いラインシステムで最強クラスの強度を誇るノットです。
FGノットは摩擦系ノットの代表的な結び方で、いわゆる「結び」が存在しない結び方なのです。(エンドノットは除く)編みこんでリーダーとメインラインとなるpeラインを繋げる方法ですのでPEラインの強度もショックラインの強度も
落とすことなく接続できる最強ラインシステムなのです。


MIDノット 

このラインシステムもFGノットと同じく結び目が存在しない摩擦系ノットです。
ミッドノットはFGノットと並んでとにかく強いラインシステムなのです。
midノットの特徴は接続部分が超小さいということです。結び目が小さいということはガイドの通りがすこぶる良い
ということです。これはいうまでもなくライントラブルが激減するということです。
エギングやバスフィッシング、遠征キャスティング釣りなどの投げて釣るルアーフィッシングにもライントラブルを恐れることなく使用できる強いPE結びなのです。


簡単PEラインの結び方 簡単ラインシステム
PEラインをライントラブル無く使えるエギングリール一覧
ラインシステム補助ツール

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

簡単リーダー結び方

簡単リーダー結び方



peラインを使用した釣り方がソルトウォーターフィッシング(海釣り)、淡水釣り(バス釣りなど)を問わず大流行しています。

PEラインを使いこなすためにはラインシステムという「PEとショックリーダーを結ぶ方法」を覚える必要があります。今までは糸と糸を結ぶ方法と言えば「電車結び」や「ブラットノット」「オルブライトノット」などのごくオーソドックスな結束方法しか知られていませんでした。

海釣りなど様々なフィッシングシーンにおいて多用されるようになったpeラインはその性能(PEの特徴)を活かす為の最善の方法として新しいラインシステムが次々と紹介されるようになりました。

有名なPEラインとリーダー結び方では「FGノット」、「MIDノット」、「SFノット」などがあります。これらの代表的なラインシステム結び方はどれも基本的にラインを編みこんで結ぶ方法です。
結び目で強度が落ちるのがPEラインとリーダー結びの最大の欠点なのですがエフジーノットやミッドノットなどの結び方はエンドノット以外は結び目が存在しないのでPEの強度を落とすことなくリーダーを付けることができるのです。

どれも練習をつみ重ねれば簡単なリーダー結び方と言えます。ラインシステムの図解で見るとどの釣り結びもかなり複雑で難しそうに見えますが反復練習をすれば簡単に感じるようになります。

釣り場で上記のような摩擦系ラインシステムを組むのは慣れるまではかなり大変です。
波の揺れや風の影響、夜釣りなら手元が見えにくいなどフィールドでラインシステムを組むのは難しいものです。ですがどんなシュチュエーションでも思いのままPEとリーダーを結ぶことが出来なくては釣りに実際に使うことは不可能になります。
何回も練習してPE結びを完全マスターしましょう。



簡単で強いPEリーダー結びの代表としてオススメするのが「ノーネームノット」です。
この結び方は簡単結びですが強度もある程度強く、エギングやシーバスフィッシング、ジギング、メバリングからライトタックル沖釣り、ライギョ釣りなど様々な釣りに使える簡単なラインシステムです。

簡単PEラインの結び方 簡単ラインシステム
釣り針結び方 枝針結び方(エダス結び方)
ウキ止め結び方
強いPEラインとリーダーの結び方一覧
peラインの結び方解説一覧

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギングリーダー結び方ノット一覧

エギングリーダー結び方ノット一覧

エギング時期(秋のアオリイカ釣り時期)が到来します。
2010年の秋エギングはどのような釣果が出せるか・・・今からシーズンインが楽しみです。



エギングで使用する道糸はPEライン(ピーイーライン)が一般的に良く使われています。
peラインと特徴は細く強い。そして何より高感度な釣り糸なのです。
エギングに最適な道糸なのですがエギングで使用するような細号(基本的に0.5号~1.5号ぐらい)のPEを強度を落とすこと無く、peの性能をフルに使うにはショックリーダーと呼ぶリーダーラインを結束するのが常識となっています。

適切な結び方で結束したPE+リーダーはとても強いです。
本結びや釣りで良く糸と糸を結ぶ方法として知られている電車結びでリーダーを結んでも強い強度を出すことができません。

ラインシステムと呼ぶ強度低下の元となる結び目を持たない糸と糸を繋ぐ方法がエギングやジギングなどのルアーフィッシングでは主流です。

エギングリーダー結び方で特に強度が高く強いオススメのラインシステムを紹介します。

オススメエギングリーダー結び

FGノット

SFノット

ノーネームノット


エギングラインシステム ワンポイントアドバイス
PEライン結び方一覧
peラインの結び方解説一覧
強いPEラインとリーダーの結び方一覧
エギングショックリーダーライン人気ランキング

これら3点のPEとリーダーを結ぶ結束方法(ラインシステム)がエギングには最適です。
強い、結び目が比較的小さい、細号peラインに適している・・・などなど
エギングPEとショックリーダーを結ぶのにとても適したラインシステムなのです。


また上記のラインシステムはエギングだけではなくジギング、バス釣り、ライトタックル沖釣り、インチク釣り、
テンヤ真鯛釣り、鯛ラバなどあらゆるPEラインとリーダーを結び釣りをする方法に安心して使用することが
できます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

バス釣りノットオススメ結び方一覧

バス釣りノットオススメ結び方一覧

ブラックバスをルアーで釣る時に覚えておきたい必須結び(ノット)を一覧にしました。
バスフィッシングに必要な釣り結びは色々とありますが特にオススメのバス釣りノットを紹介します。

ルアー結び方

ラインとライン結び方(ラインシステム)


この2点の結び方がバス釣りノットの中でも特に重要な結びとなります。
素早く確実に結べ、そして強度が高い釣り結びノットがルアー交換を頻繁におこなうルアー釣りには最適です。(スナップを使うことも多いですが)

ソルトウォーターゲームフィッシングではおなじみのPEライン(ピーイーライン)も最近ではバス釣りに多用します。パワーバスフィッシング、フィネスバスフィッシングともにPEラインを良く使うようになりました。

peラインの特徴(細く強く高感度で伸びが極端に少ない)を活かし、メリット面を前面に押し出す形でバス釣りにPEラインを使うためにはショックリーダーを結ぶことが必要不可欠となります。
PEラインの強度を落とすことなくリーダーを結ぶにはナイロンラインとナイロンライン、フロロカーボンラインとナイロンラインを結ぶ方法とは違う特殊な釣り結びを習得する必要があります。
この釣り結び方を釣り用語ではラインシステムと言い表します。



オススメバス釣りルアー結び方

クリンチノット

素早く結べる役立つノットです。
釣り入門者にも直ぐ習得できる簡単で便利なルアー結びとなります。


ユニノット

バス釣りなどのルアー釣りでは一番ポピュラーな結び方です。
他の釣りにも幅広く使われる釣り結びです。


フリーノット

バスフィッシングではトップウォータープラグなどルアーの動きを妨げないものを
結ぶときに役立つ基本ノットです。


ハングマンズノット

バス釣りのプロであるバスプロに愛用者の多い簡単でスッポ抜けの無い信頼性の高い人気結び方です。
人気バスプロであるデプスの奥村氏がDVDなどで多用するルアー結びとしても有名です。
早く確実にルアーをラインと結ぶにはかなりオススメのノットです。


おすすめpeラインとリーダー結び方

FGノット(エフジーノット)

かなり強いPEライン結びです。
最強ノットと言っても過言では無いほど強いリーダ結び方です。
バス釣りの他、ジギング、遠征大物釣りにもオススメの最強釣り結び方(リーダー結び)です。


SFノット(エスエフノット)

fgノットの編みこみ部分を短縮したようなイメージのラインとラインの結びです。
省略形と言われれば強度は落ちる・・・と思われガチですが
バス釣りやライトジギングでは影響の無い程度の強さの落ち方ですので
安心してショックリーダーをPEと結ぶことができます。
手早く強くリーダーを結びたい方にはオススメのラインシステムです。

簡単PEラインの結び方 簡単ラインシステム
釣り針結び方 枝針結び方(エダス結び方)
ウキ止め結び方
簡単リーダー結び方
PEラインをライントラブル無く使えるリール一覧

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

ジギングライン結び方

ジギングライン結び方

ジギングは今ではほとんどの方がPEラインを使用します。
ケースバイケースでフロロカーボンラインを道糸にしてジギングを楽しんだりナイロンラインをメインラインとして使用する場合もありますが、90%以上はPEラインを使用してジギングを楽しむ時代になりました。



peラインは・・・もはや説明は不要だとは思いますが一応解説します。
ショックリーダーと呼ぶ先糸を結ぶことによりPEラインの特徴である細く強い特性を活かす事ができる釣り糸です。

ジギングで狙う釣りターゲットは数多いです。
マダイ、ヒラマサ、ブリ、カンパチ、マグロ、ヒラメ、ハタ、アコウ、タチウオ、クエ・・・
様々な釣り魚をジギングで狙うことができます。

どの釣りターゲットもPEラインを使用して釣る釣り方が現代ジギングでは基本となります。

これらの魚をPEラインを使ったジギング釣り方で狙う場合ショックリーダーを結ぶことが基本となります。

ジギングで多くのアングラーから人気を得ているジギングリーダー結び方を一覧にしました。


FGノット

エフジーノットを呼ぶ最強クラスの強度を誇るPEとリーダーを結ぶ方法です。
結ぶというより編みこむ感じに近いいわゆる摩擦系ラインシステムです。
とにかく強いPEライン結びです。
ジギングをはじめエギング、バス釣りなど様々なPEラインを使った釣りの人気が高い
ノットです。


PRノット

強度が抜群でとても信頼性の高いリーダーとPEラインを結ぶ方法です。
結び目がかなり小さくガイド絡みも少ないノットですのでバーチカルジギングからキャスティングゲームまで
様々なPEらいんを使った釣りに人気が高いラインシステムです。


MIDノット

ミッドノットも強く最強ラインシステムと呼ばれる強いPE結びです。
慣れるまでは強度を出すことが困難な結び方ですので釣行に備えて
練習しておくことが必要です。(どのPEとリーダー結びでも練習は必要不可欠です)
ミッドノットも結び目が小さくライントラブルが少ないノットです。
ジギングで特に愛用者が多いPE結びです。

エギングリーダー結び方ノット一覧
沖釣り釣り結び仕掛け作り方マニュアル
peラインショックリーダー結び方について
ウキ止め結び方
簡単リーダー結び方

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

PEラインとリーダー結ぶアイテム

PEラインとリーダー結ぶアイテム

PEラインの細く強いという特徴を最大限活かして釣りに使うためにはリーダー(ショックリーダー)を結ぶのは今や常識となりつつあります。

ショックリーダーとPEラインを結ぶ方法もかなり研究されて今では摩擦系ラインシステムと呼ばれる最強PE結び(PEとリーダーを結ぶ方法)がいくつも発表されています。
釣りジャンルや釣法により合うラインシステムを組むことができる時代です。

PEラインとリーダーを結ぶラインシステムが研究されると同時により簡単にPEを結べるようにするノットアシストをしてくれる器械が多数発売されています。

今回はPEラインを簡単に・・・スピーディーに結ぶことができる(アシストしてくれる)PEライン結び器の人気製品を一覧にしました。


オフト クイックノッター



最強ラインシステム(強度の高いPEラインとリーダー結び)の一種である
FGノット(エフジーノット)が簡単に、そして正確に組めるノットアシストアイテムです。
ボールペン程の大きさのアイテムですので釣り場に持ち込んでも邪魔になりません。
素早く簡単にFGノットが結べる人気製品です。


ハピソン ラインツイスター ライン結び器



他のPE結びアイテムより少し使い方が複雑になりますが(慣れれば超簡単にPEとリーダーを結べます)
かなり強度の高いラインシステムを組むことができるアイテムです。
キャスティングゲームフィッシングで定評のあるMIDノット(ミッドノット)などの摩擦系ラインシステムが
簡単に組めるアイテムです。


第一精工 ノットアシスト2.0



バス釣り、ソルトウォーターフィッシング、鮎釣り、沖釣りなど・・・
今ではPEラインを使う釣りが多くなってきました。
PEラインとリーダーを結ぶことがPEラインを使う時の重要なポイントとなるのですが
結ぶ時釣り人をアシストしてくれるアイテムがノットアシスト2.0です。
使い方がとてもかんたんで強度の高いPE結びを結ぶことができる心強いアイテムです。



この他にも数多いPE結び器がありますが特に上記3点が簡単に結べるPEアシストアイテムとして人気が高い製品となります。


強いPEラインとリーダーの結び方一覧
peラインショックリーダー結び方について
簡単PEラインの結び方 簡単ラインシステム
釣り用ラインの使い分け方 号数換算一覧表
釣り糸巻き器人気ランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣り結び覚えて損はないノット

釣り結び覚えて損はないノット

星の数ほど多種多彩な結び方がある釣り結び。



釣り結びマニュアル本にある結び方だけでもかなりの数の釣り結び方が存在し、釣り人のオリジナル結び、漁師さん秘伝の釣り結び方を合わせると本当に星の数ほどありとあらゆる釣り結びがあります。

釣りをするジャンルにより覚えておきたい釣りノットは異なりますが、どんな釣りをするのしても覚えておいて損は無いといえる重要釣り結びを一覧にしました。


釣り針結び

外掛け結び

釣り針結びの一番簡単な結び方であり基本的な結びです。
外掛け結びは強度が無い釣り針結び方と言われますが正確に、確実に結べば
あらゆる釣りに対応できる釣り針結び方です。
どんなジャンルの釣りをするにしても覚えておいてソンの無い結び方です。
釣り針結び方


糸と糸を結ぶ結び

電車結び

ラインとラインを結ぶ結び方の中で特に簡単なノットが電車結びです。
風が強かったり波が高かったり・・・結びにくい状態、どんな釣り場でも
確実に簡単に釣り糸と釣り糸を結ぶことができるノットです。
強度はお世辞にも強い釣り糸結びとは言えませんが、覚えておいて絶対に損は無いといえる
釣り結びです。
釣り用ラインシステム結び方

FGノット

エフジーノットは釣り糸と釣り糸(特にPEラインとフロロカーボン)を結ぶのに
最高の強度を誇る最強ノットです。
ピーイーラインとフロロやナイロンのリーダーラインを結ぶ数あるラインシステムの中でも
特に強度の高い結び方です。
FGノットで最高の強度を出すには完璧に結ぶ必要があります。
練習を重ね完璧なFGノットをマスターしましょう。
いつかは役立つことになる重要なノットです。
peラインショックリーダー結び方について


ウキ止め結び方

なるほど結び

グレ釣りの名手 山元八郎さんが考案したといわれている浮き留め結び方がなるほど結びです。
ウキ止め結びも色々な結び方があり結び方によりメリットデメリットがあります。
なるほど結びはウキでアタリと取る釣法にはやや不向きではありますが・・・
それは上級者のあたりの取り方です。
簡単に結べるウキ留め結びであるなるほど結びは覚えておいて損が無い結びのひとつです。
ウキ止め結び方


サルカンやルアーなどを結ぶ釣り結び

クリンチノット

強度は高くないですが簡単に素早く結べるノットです。
サルカンやルアーなど様々な釣具に釣糸を結ぶことができるノットです。
釣り入門者でも直ぐに覚えることができる結び方です。
ルアーの結び方

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

PEラインとリーダーを結ぶ時の注意点

PEラインとリーダーを結ぶ時の注意点

細く強度がありさらに感度が良い釣り糸であるPEライン。
長所の方が多い釣り糸ですが、PEラインならではの注意するべきポイントも
多数ある釣り糸です。

特に重要なPEライン使用時の注意点はリーダーを結ばなくてはいけないことです。
PEラインはスレなどの摩擦や結び目に滅法弱いという弱点があります。
その弱点を補うのがショックリーダーをハリスとして結ぶことです。

PEラインとリーダーを結べばPEラインの強度を落とすことなく釣り糸として使用することができます。

今回はPEラインとリーダーを結ぶ時に注意したいポイントを一覧にしました。



・結ぶのではなく編み込む結束方法がベスト
ラインシステムと呼ぶ結び目の無い編み込み方式のPE結びが最も強度が出て
オススメのPEラインとリーダーを結ぶ方法となります。
主なラインシステムはFGノット、MIDノット、PRノットなどがあります。
これらのラインシステムと呼ぶPE結びであればPEラインの強度を落とすことなく釣りに活かせます。

・手の保護
PEラインは力いっぱい〆こむのがリーダー結びの重要ポイントとなります。
細く強いPEラインを締めこむと手に食い込み切れてしまいます。
下手をすると大怪我となります。
PEラインとリーダーを結ぶ時には必ず手を保護する手袋やサックをして
PEラインにより手のケガを防ぎます。
特に釣り現場で結ぶ時、手が水でふやけていると・・・素手でPEを結ぼうものなら
一撃で切れてケガしてしまいます。
根がかりを切る時も同じことが言えます。根掛かりきりを使用することが重要です。

・PEラインの保護
PEラインとリーダーを結ぶ時のラインシステムは結んでいる最中に
摩擦でpeラインを傷めてしまう場合があります。
PEライン用の潤滑油やローションを少し塗り結ぶと摩擦のよりライン傷めを大幅に軽減できます。
専用の潤滑油が無い場合は水でも多少は効果があります。ツバを付けるのも対策のひとつです。

この3点が基本的なPEラインとリーダーを結ぶ時の重要注意点です。

魚の釣り方・仕掛け一覧 サイトマップ
エギングリーダー結び方ノット一覧
PEラインとリーダーを簡単に結ぶアイテム
8本縒りPEライン一覧
PEラインが良く切れる釣り用ハサミ人気一覧

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサードリンク

sponsored link

サイトカテゴリ

ボートフィッシング入門
▽ボート免許マニュアル
船舶免許(ボート免許)取り方
ボート免許 船舶免許
ボート免許不要ボートについて
▽ボートの買い方マニュアル
中古ボート販売情報
ボート購入ガイド
中古アルミボートについて
船舶保険について
▽レンタルボート情報
レンタルボートについて
▽ボートフィッシング情報
ボートフィッシング入門
ハンディGPSについて

釣り入門について
▽釣り用語解説
釣りの基本釣り用語解説あ行
釣り魚の危険
釣り魚事典
▽釣りの結び方マニュアル
針結び方
ライン結び方
釣り結び方 枝針結び方
バス釣り結び方
▽リールマニュアル
リール糸巻き量
電動リール使い方マニュアル
▽釣り糸について
ラインの種類・使い分け
▽釣り用オモリについて
オモリの種類と釣り用途
▽釣針のこと(フック) 釣り針について
▽ウキの種類
ウキの種類と使い方
▽釣りエサについて
釣り餌一覧
▽海上釣堀マニュアル 海上釣堀ナビ
海上釣掘について
▽バス釣りマニュアル
バス釣り入門
バス釣り結び方
▽雷魚釣りポイント
ライギョ釣り
▽手軽な釣りについて
堤防釣り入門
磯釣り入門
ウキ釣り入門
ザリガニ釣り入門
ファミリーフィッシング・デート向け釣り 堤防釣り 防波堤釣り入門
▽ワカサギ釣りマニュアル
ワカサギ釣りについて
▽フライフィッシングマニュアル
フライフィッシング入門
▽ジギングマニュアル
ライトジギング入門
インチク釣りについて
電動リールジギングの方法
▽夜釣りマニュアル
夜釣り入門
▽イカ釣りマニュアル
スミイカ釣り入門
ヤリイカ釣り入門
アオリイカ エギングについて
エギングワンポイントアドバイス
▽シーバスフィッシングマニュアル
シーバスフィッシング入門
▽シロギス釣りマニュアル
キス釣り入門
▽"イング"系ニュージャンルフィッシング
メバリング入門
アジングについて
▽沖釣りマニュアル
ライトタックル沖釣り入門
胴突き釣り入門
沖釣り入門
▽季節の釣りマニュアル
冬の釣り
▽アユ釣り入門
アユ釣り解禁情報速報
▽エリアフィッシングマニュアル
管釣り入門
▽オススメ釣りマニュアル本 釣り入門に最適な釣りマニュアル本
▽釣具メンテナンスマニュアル
釣具のメンテナンスについて
釣具メーカー別アフターサービス問い合わせ一覧
▽釣具激安情報&釣具カタログ集
中古釣具店情報
釣具比較 釣具インプレッション
釣具激安カタログ
釣具人気ランキング
全国激安釣具店ナビ
釣具買取店ナビ
フィッシングショー2009について
バークレー ガルプについて
フィッシング&アウトドアウェアカタログ
クーラーボックスカタログ
防水携帯電話人気機種
▽フィッシングの基本
釣り入門サイト
釣りの基本 釣りマナー&モラル
▽知って得する釣りのこと
釣りエサ解凍予約販売釣具店情報
釣り&アウトドア&観光 オススメフィールド情報
釣りビジョン番組ナビ
溶けにくい氷の作り方
釣り便利サイト
▽釣った魚を記録する方法
釣った魚の撮影方法
魚の剥製自作作り方
▽魚料理のポイント&魚をおろすコツ
釣り魚釣り方・食べ方
アウトドア簡単料理レシピ
▽魚の〆かた、血抜き方法
魚の締め方
釣った魚の上手な持ち帰り方
▽マイボート釣り釣果情報
釣り釣果速報
▽潮見表 潮汐情報
潮見表
▽釣り保険加入のススメ
釣り保険について

▽釣り公園ナビ
全国釣り公園ガイド
アウトドア入門
▽アウトドア初心者マニュアル
アウトドア入門
ボート・釣り・キャンプに役立つロープワーク
激安アウトドア用品店情報
▽テント設営マニュアル
テントの選び方
▽バーベキュー場情報(雨天BBQ対応)
全国バーベキュー場ナビ

釣り入門サイト  フィッシングボート アウトドア入門サイトマップ
サイトマップ

釣りブログをもっと見るなら

RSSフィード

最新記事

記事一覧

ブログ内検索


| ホーム |
レーシック