sponsored link

スポンサードリンク


| ホーム |

全ての記事を表示する

釣り用語解説 あ行

釣り用語解説 あ行

・あい(ルアーアイ)  
  ルアーやエギに付いているラインやスナップを結んだりするための部分。
・あおもの(青もの)
  ハマチ・アジ・サバ・ブリなど背中の色が青み掛かった回遊魚。
  釣りの好相手。引きが強く釣りが楽しい。
・アオイソメ  海釣りで使われる万能虫餌。
・あおる  釣り竿を上へ動かすことで魚を誘う竿サバキ。
  根掛りを回避するときに行うロッドサバキ動作。
・あかしお(赤潮)
  水中の植物プランクトンが異常に増殖して海水の色が赤褐色や茶褐色に変色
  する現象。赤潮の発生で生物に被害が及ぶこともある。
  釣りをするときに赤潮が発生するとそのポイントは釣りにならない場合が多い。  
・あかむし(赤虫) 
  ユスリカの幼虫。
  ワカサギ釣りやホンモロコ釣り、マブナ釣りやタナゴ釣りなどの
  川釣りや渓流釣りで使われる川の万能エサ。
・あげしお(上げ潮)
  潮が干潮から満潮へと向かっていくこと。
  釣りのチャンスタイム。(干潮から満潮へ動いている時)
・あさまずめ(朝マズメ)
  夜が明け始める薄暗い時間帯から日の出までの時間帯。
  魚の捕食タイム。よく釣れる。
・あたり(アタリ)
  釣具を伝って釣り人に伝わる魚信反応。
  魚が餌の付いた針を口に入れたとき、竿が引っ張られたりして手応えを感じること。
  ウキの反応。
・アップクロス・ストリーム  渓流ルアーフィッシングなどで川上流に向かい斜め方向にキャストすること。
・あらぐい(荒食い)
  魚が活発に餌に食いついている状態。
  魚釣りではチャンスタイム。
・あらせ(荒瀬)
  川の形状。
  川の流速が早く、流れのキツイ瀬のこと。
  鮎釣りでは大型が潜む好ポイント。
・あわせ(合わせ アワセ) 
  魚のアタリを感じた後、釣竿を上に上げてタイミングよく魚に針を掛けること。
・いかづの  イカ釣り用の疑似餌。 
・いきえさ(生き餌)(イキエ)
  釣り用虫エサ(イソメなど)を生きている状態で殺さずに針に付けること。
  イワシやアジ・シラサエビなどを殺さずに針に付け釣りエサにすろ。
・いそざお(磯竿)
  磯や堤防から釣るための長くしなやかな竿。
  船釣り(完全ふかせ釣りや胴突き釣りにも使用)
  長い竿で扱いにくいが長くしなやかなので釣り魚のパワーを吸収できる。
・いたたおもり(板オモリ)
  エギやウキを調整する板型オモリ
  板状のオモリで適当な大きさに手でチギリ使用する板オモリのこと。
・いつき(居付き)
  釣りポイント(瀬・根など)で回遊しないで一定のポイントに棲み付いている魚のこと。
  大型
・いっか(一荷)
  2尾の魚が一度に釣れること。
  サビキ釣りなどで2匹以上鈴なりで釣れること。
・いとふけ(糸フケ)
  道糸が潮や風の影響で弛んでフケくること。
  魚信・アタリの目安にもなる。 
・いれぐい(入れ食い)
  仕掛けを投入するたびに魚が釣れること。
  魚釣りの楽しいひと時。
・いんろうつぎ(印籠継ぎ)
  ロッド竿の継ぎ目に段差が出来ない構造の竿。
  強く、スッポ抜けが少ない竿継ぎ構造。
・うぃりーしかけ(ウィリー仕掛け)
  海釣り仕掛けで、マダイ、ハナダイ、イサキなどを釣るときに使用さ
  れる針。カラフルな毛糸やスキンが釣針に巻いてある仕掛け。
・うき(浮き)
  棒ウキ・玉ウキや円錐ウキなどいろいろな形状、種類があり、水面に浮くことで、ウキから下の部分の
  仕掛けを一定の位置で保ったり、魚のアタリがあれば知らせたりする。
・うきづり(ウキ釣り)
  ウキの動きの変化で魚のアタリを確認して魚を釣る方法。
・うきした(ウキ下)
  ウキから下の仕掛け糸の長さ。
・うちかえし(打ち返し)
  同じポイントへ繰り返して仕掛けを投げ込むこと。
・うまのせ(馬の背)
  河川や海の底の形状。
  川や海などの底の部分が盛り上がって傾斜している場所。
  魚釣り好ポイント
・うるとららいとあくしょん(ウルトラライトアクション)
  ルアーフィッシング用ロッドの硬さ・調子。
  バス釣りなどに使用するロッドの調子(曲がり具合)。
・うわもの(上物)
  海中の中層部から上層部で泳いでいる魚のこと。
  磯釣りで使用される呼び方。
  イサキ・グレ(メジナ)・ヒラマサ・真鯛など
・えぎ(餌木)
  アオリイカ・コウイカ釣りのときに使う擬似餌。
  エギを使った釣り・・・エギングと呼ぶ。
・えさとり(餌取り)
  針に付けた餌を対象魚以外の小魚が取ってしまうこと。
  本命魚ではない邪魔をする魚。
・えだはりす(枝ハリス)
  幹糸からハリスが枝状に出ているもの
  枝素(えだす)とも言う。
・えらあらい(エラ洗い)
  魚が針に掛かったとき、魚が海面から飛び上がったり頭を振って針を外そうとする
  行動。ブラックバス・スズキ(シーバス)がよく行う。
・えんてい(堰堤)
  河川に人工的に作られているもので、水を貯めておくための小さなダム。
  水を堰き止めている場所。
・おいぐい(追い食い)
  胴突き釣りやサビキ釣りなどで、釣針が複数付いている仕掛けに魚が一尾掛かった後に残りの針に
  も魚が掛かること。あえて、仕掛けを巻き上げずに待ち、大量に釣る。
・おおしお(大潮)
  潮の干満差が最も大きくなる現象。月に2度ある。
  魚釣りには好影響になる場合が多い。
・おかっぱり(陸っぱり)
  陸から魚を釣ること。オカッパリフィッシング
・オキアミ  エビに似た餌で、海釣りでは様々な釣りで使われている。
  海釣りの万能エサ。高栄養高たんぱく。
  釣りには主に南極産オキアミを使用。
・おくりこみ(送り込み)
  魚のアタリがあったときに道糸を出したり竿を下げたりして釣り餌を十分に食い込ませること。
・おち(落ち)
  産卵後の魚が越冬や体力を回復させるために深場や下流に移動していくこと。
  魚の食味はあまり良くない。ムギワラ鯛。落ちアユ。
・おとしこみ(落とし込み)
  防波堤で壁際ギリギリのところに仕掛けを落として釣る釣り方。
  チヌ(クロダイ)などが主な対象魚。
・おまつり オマツリ  自分の釣り仕掛けと他人の仕掛けが絡み合うこと。
  絡みあった仕掛けが解けない場合お互い仕掛けを切るのがマナー。
・オモリ 錘
  仕掛けに付けることで釣りの目的のタナまで沈めたり仕掛けをポイントまで飛ばしたり
  するもの。重さや形状など使い分けが重要。
  釣りジャンルや釣り法によっていろいろな種類を使い分ける。
  都道府県 地方により呼び名が違う。



釣り用語解説か行
釣り用語解説さ行
釣ってみたい釣り魚ランキング
波予報 海上気象情報無料サイト一覧
釣り魚事典 県魚(けんぎょ)ついて

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣り用語解説 か行

釣り用語解説 か行



・かいゆうぎょ(回遊魚)
回遊魚は決まった場所に留まらず、餌や産卵場所を常に求めて移動しながら
成長していく魚。真鯛・ヒラマサ・アジ・マグロ・ブリ・など
・かかりつり(掛かり釣り)
フィッシングボートをイカリなどで固定した状態(アンカリング)で釣りを行うこと。
完全フカセ釣りなどに最適操船(停船)釣法。
・かけあがり(かけ上がり)
海や川の底の形状。深い場所から浅い場所へと向かって斜面になっている場所。
釣り魚の好ポイント、魚の好付場
・かご コマセカゴ  
釣餌となるオキアミやアミエビなどを入れるためのナイロン製・ワイヤー製やステンレス製のカゴ。
コマセカゴ。大小いろいろなサイズや種類がある。
・かたじくりーる(カタジクリール 片軸リール)
リールの種類の一ツで、スプールを片方の軸で受けている構造のもの。
片軸受けリール。チヌ(クロダイ)釣りなどに使用する。
・かみつぶし カミツブシオモリ  釣り用オモリの一種。
小楕円状のオモリで糸を挟み込むための割れ目が付いている小型オモリ。
釣りに使用するときは割れ目に糸を挟み込んで固定させて使用する。
・からあわせ(空合わせ)
魚のアタリが分かりにくいときなどにとりあえず試しにアワセてみること。
・がんしょうたい(岩礁帯)
海中、海上の岩場のこと。
釣魚の好ポイント。
根ズレを起してラインブレイクしやすいので釣りにくいポイントでもある。
・がんだまおもり(ガン玉)
釣りオモリの一種。
カミツブシオモリとも呼ばれる。
小型のオモリで釣りジャンルを問わずいろいろな釣りに使える万能釣り錘。
・ぎじえばり(疑似餌針)ギジバリ サバキ  
魚が好む餌に似せた疑似餌(魚皮やスキン、毛糸など)に多数の釣り針が付いているもの。
サビキ仕掛けの針。
・きすいいき(汽水域)
河川の下流域(河口付近)で淡水真水と海水が入り混じっているところ。
魚種の多いエリア
・きゃすてぃんぐ キャスティング  
ルアーやエギ・釣り仕掛けをポイントへ投げ込む動作。  
・きゃすと キャスト  
狙ったポイントへ釣り仕掛けやルアーを投げ込むこと。
・くいあげ(食い上げ)
餌を食った状態で魚が水面付近まで向かってくることでウキが持ち上がってくる
こと。アタリが分かりにくい場合が多い。魚の高活性時に多発する場合が多い。
・くいがたつ(食いが立つ)クイダチ  
魚の時合時や撒き餌(コマセワーク)などの効果で魚の食いつきが良くなり
高活性状態になること。
・くいしぶり(食い渋り)
魚が餌に食いつかなくなってくること。
釣りしにくい状態。釣れない時間帯。
・ぶらぶ グラブ  
ルアーフィッシングで使用するソフトルアーの一種で総称でワームとも呼ばれる。
バスフィッシング・ソルトウォーターフィッシング・ロックフィッシングでは必需品。
・くらんくべいと クランクベイトプラグ  
ルアーフィッシングで使用するプラグの一種。水中の中層部から底部までを対象としたもの。
魚の形に大型のリップが付いているのが特徴で、水中へ急角度で潜行させることができる。
木製やプラスチック製クランクベイトが主流でクランクベイト内にラトルが入っている
プラグも多数ある。
・ぐれ グレ  
グレと呼ばれたりクロと呼ばれる。
関東釣り人にはメジナと呼ばれる。
尾長グレ 口太グレの2種が釣れる。
・くろかわむし クロカワムシ  
渓流釣りや川釣りの餌。
アマゴ・ヤマメ・イワナなどの鱒類の好物虫エサ。
・けいりゅうつり(渓流釣り)
川の上流域で、山間部に流れている川で釣る魚釣り。
イワナ・ヤマメ・アマゴなどを釣る場合が多い。
・けいりゅうざお(渓流竿)
ノベ竿とも言われ、川釣りで使用される長さが4.5mから6.3mほどの竿。
竹やカーボン、グラグファイバーなどが竿の主流素材。
・げどう(外道)
本命以外の魚。狙っている魚以外の魚が釣れること。
・ごかい ゴカイ  
釣りの餌として使用される。砂場の投げ釣りなどに多様される。
キスやカレイ釣りの良いエサ。
・こじお(小潮)
潮の満ち引きが最も最小の日。
釣りには基本的に大潮の日が良いとされる。(潮が良く動くため)
・こませ コマセ  
マキエ。 
文字色  
餌を撒いて魚を寄せることで、撒き餌や寄せ餌とも言う。
大量に撒きすぎると外道魚まで寄せてしまうので要注意。
・こませかご コマセカゴ  
コマセ(マキエ・マキエサ)を入れるためのナイロンやワイヤーステンレスワイヤーの
かご。
・こませびし コマセビシ  
コマセ(マキ餌)を入れる筒状のステン、鉄製入れ物。
プラスチック製でオモリのついたコマセビシもある。
・ごもくつり(五目釣り)
一種類の魚だけを釣らずいろいろな種類の魚を釣ること。
・ごろたば(ゴロタ場)
海岸や川原の大小様々な岩があるポイントのこと。

管釣り入門 エリアフィッシングについて
沖漬けのタレの作り方 スルメイカの食べ方
フライリール人気ランキング釣り用語解説ま行
釣り用語解説ま行ら行

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣り用語解説 さ行

釣り用語解説 さ行

・さきいと 先糸
釣り天上糸(てんじょういと)ともいわれる。道糸のショックを吸収したり。
釣り竿に道糸が絡むのを防ぐ役割りのある天井糸。道糸の上(竿先側にセットする。)
・さきちょうし(先調子)
ルアーロッドなど釣り竿の調子。
竿の先端部分が柔らくしなり柔軟性を持っているロッドこと。
・さしむし サシムシ
川釣り・渓流釣りの万能エサ。
釣り餌用に繁殖させたキンバエの幼虫(ウジ虫)のこと。
ワカサギ釣り・オイカワ釣り・フナ釣り・コイ釣り・鱒類釣りに適した餌です。
・さそい 誘い
餌やルアーを動かして魚の食い気を誘うこと。
・さび サビ
渓流魚などが産卵や越冬した後、魚体が赤黒っぽく変色すること。
・さびきつり さびきしかけ サビキツリ
電動リールやノベ竿に複数のハリスを付けた仕掛けのこと。
手軽な釣法(釣り仕掛け)です。
堤防釣りから沖釣りまでいろいろな魚種の釣りが楽しめます。
釣り魚の主な魚種はアジ・サバ・イワシなど。
・さらし サラシ
海の波が岩に当たって白く泡立つ現象。
ヒラスズキ釣りなどでは絶好ポイント。
サラシ場ともいう。
・さるかん サルカン
釣り用仕掛け用具。ヨリモドシとも言われいろいろなフィッシングジャンルの仕掛け道具として活躍する。
道糸とハリスの繋ぎに使用され、道糸とハリスがねじれないようにするためのもの。
釣り仕掛けのヨレ防止に役立つ。
・じいそ 地磯
陸続きの磯。オカッパリアングラーの好釣場。
・しお 潮
海面が周期的に高くなったり低くなったりする現象。
大潮、中潮、小潮、若潮、長潮と呼ぶ。(潮の満ち引きで・・・。)
・しおおもて(潮表)
潮の流れがぶつかっている場所。
・しおどおし(潮通し)
潮の流れのこと。
潮通しの良いポイントは釣りでは好ポイントとされる。
・しおめ(潮目)
異なる二つの潮がぶつかり合う場所。
海上に浮遊物などが溜まったり、潮の色やスジが出来るため簡単に見分けられる。
・しかけ(仕掛け)
釣り仕掛けの道糸より下の部分。ウキ、オモリ、針などの釣りの重要部分。
・じぐ ジグ
ルアーの一種。ステンレスや鉛を加工して作られた鉄製のルアー。
ジグを使った釣り方をジグングという。メタルジグ。
真鯛・バス・ヒラメ・マゴチ・ヒラマサ・ぶり・イカ・アジ・サバ・マグロ・GT・カツオ
シイラ・スズキ(シーバス)などかなりの魚種が狙えるのがジギングの楽しいところです。
リアクション的アクションや落ち込むときなどに魚がヒットする。
・じぐへっどしんかー ジグヘッドシンカー
バス釣りやソルトウォーターフィッシングなどに使う。
オモリにフックが付いている形状。、
バスフィッシングなどでワーム(ソフトベイトルアー)などにセットして使用するもの。  
・しけ(時化)シケ
天候が悪くて海が荒れていること。海釣り、川釣りなど全ての釣りでキケンな天候です。
釣行には十分な注意が必要です。
・しもり
海底に入っている岩やブロックのこと。
アオリイカ釣りなどの絶好ポイント。
・しもりうき シモリウキ
道糸に多数のカラフルな見やすい玉ウキを一定間隔で繋げたウキ。
サヨリ釣りなどによく使用する。
・じゃーく ジャーク
ルアーフィッシングのルアーアクションのテクニックの1つ。
沈み込むタイプのルアーをロッドで煽って動きを付けること。
ジャーキング専用のルアーやロッドも発売せれている。
・しゃっどている シャッドテイル
バスフィッシングなどのルアーゲームで使用するワームの一種。
魚型をしていたり、魚の尾っぽの形をしたソフトルアー。
・すいこみ針(吸い込み)
伊勢尼針を複数、螺旋状のワイヤーの周りにつけ、
針を包み込んだ団子状の餌(ネリエ)を使う釣り方で、鯉釣りなどで使われる。
ぶっこみ釣り。
・すじえび スジエビ
釣りの活き餌として使用されるエビの一種で、釣具店ではシラサエビという名前で販売されている
ことが多い。
チヌや真鯛、ブラックバスの好物エサ。
・すとりーまー ストリーマー
フライフィッシングのルアー(フライ)の種類。
ベイトフィッシュとなる小魚をイミテートしたフライ。
・すなっぷさるかん スナップサルカン
フックが付いていてるサルカン。
釣り仕掛けを簡単に交換できる。
ルアーのセットやエギング、沖釣りで多様される。
・すぴなーべいと スピナーベイト
バス釣りで主に使用されるルアー。鉄製で派手なブレードが1~2枚つき、
フック部分にはウィードレス効果の高いゴムスカートが付いている場合が多い。
ルアーフィッシング用語ではスピナベと略する。
・すぴにんぐりーる スピニングリール
リール形状。ライン(糸)を横方向に巻き取るリールで、
釣り全般、多くのジャンルの釣りで活躍している。
激安釣具店やインターネットオークションなどでは、かなり安い価格で
スピニングリールが販売されていることもある。
・すぷりっとしょっとりぐ スプリットショットリグ
スプリットショット(ガン玉オモリ)を使用したルアーフィッシングの仕掛け。
・すぷーる スプール
リールなどのラインを巻き取る部分。
・すぷーん スプーン
ルアーフィッシングで使われるスプーンのような形をしたルアーで、水中ではキラキラと
小魚が泳いでいるように見える。
スプーン真鯛釣りが東北地方で流行っている。
(スプーンルアーにアオイソメを房掛けして真鯛を狙う釣り方。)
・すれ スレ
魚の口以外の場所に針が掛かり魚が釣れること。
スレ掛り。
・すれている スレている。
魚がいるポイントで釣り魚が餌やルアーに反応せず無視(針掛かりしない)すること。
釣り場の荒れぎみなポイントに多い現象。
・すろーてーぱー スローテーパー
釣り竿の調子。ロッド全体がしなやかにしなる調子。
胴調子ともいう。
・せ(瀬)
川の形状のこと。基本的に川の水深が浅くて水の流れが速くなっている場所のこと。
アユ釣りでは昼間の好ポイント。かなり浅い瀬をチャラ瀬という。
・そふとべいと ソフトベイト(ソフトルアー)
ゴムなど素材で作られたやわらかいソフトなルアー。
ベイトフィッシュ(餌小魚)に似せたものでワームとも呼ぶ。
ブラックバスフィッシング・ソルトウォーターフィッシング・メバリング・ロックフィッシュフィッシング
などのゲームフィッシングで使用することが多い。
・そこもの 底物
イシダイ、イシダキダイ、ブダイ、コブダイなどの磯場の底に生息する魚。
底物釣り=石鯛釣り
・そるとうぉーたー ソルトウォーター
海のこと。海釣り=ソルトウォーターフィッシング



インチク釣りについて
アジングのはじめ方
カワハギ釣りのエサ
サワラの食べ方 サゴシの食べ方
釣り用語解説ま行ら行

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣り用語解説 た行

釣り用語解説 た行



・たいいんぐ タイイング
フライフィッシングで使用するフライを巻く(製作)すること。
・だうんくろす ダウンクロス
渓流釣りや川釣りで使う釣り方で、河川上流から下流斜め方向に向かってルアーえお
キャスティングする釣り方、フィッシングテクニック。
・だうんしょっとりぐ ダウンショットリグ
バス釣りやルアーフィッシングで使用する仕掛けの1ツ。
フックの下にシンカーを付けるリグ。ワーム釣り。アンダーショットリグ、
常吉リグ(ツネキチリグ)とも呼ぶ。
・だうんすとりーむ ダウンストリーム
川釣り、渓流釣りで使う釣法で、川を横切るようにキャスティングする釣法。
ルアーフィッシングテクニック。
・たかぎれ 高切れ
仕掛けより上側(竿先側)のラインが切れてしまうこと。
道糸が切れること。
・たっくる タックル
魚釣り道具のこと。ロッド(竿)やリール、ライン、仕掛けのことなどの釣り用具。
・たち タチ
水深のこと。
・たな タナ
魚がいる層のこと。
釣り対象魚(狙っている魚)のそう。
・たなとり 棚取り
魚が集まっている層に仕掛けを合わせること。
釣りの重要なテクニック。
・たまあみ タマアミ タマ網
ヒットさせ引き寄せた魚をすくい取るときに使用する網のこと。
タモ、ランディングネットとも言う。
・ためる タメる。
魚が掛かって強い引きがあったとき、竿を上げたりリールを巻くことをしないで
ロッドの弾力を利用して耐えしのぐこと。
・だんりゅう 暖流
海の海流。
赤道付近から流れてくる暖かい海流。
・ちからいと 力糸
鮎釣りで使用するハナカン回りの太く強い糸。
・てーぱーらいん テーパーライン
投げ釣りに使用される糸で、投げたときにオモリの重さで切れないようにテーパー状
(両端の径の太さが違う形状・だんだんと仕掛けに向かい細くなっていく道糸)になっている糸のこと。
・ちわわ チワワ
釣り仕掛けや竿のヘビ口に糸を結ぶための輪っか。
・チヌ
クロダイのこと。関西ではチヌ、クロと呼ばれる。
関西の釣り目ではかなりの人気がある釣り。
・ちもと チモト
釣り針にハリスを結びつける根元のこと
・ちゃらせ チャラ瀬文字色
川の流れのことで、流れが瀬よりさらに速く水深がクルブシほどの浅い瀬のこと。
鮎釣りでは好ポイント。 
・ちょうか 釣果
釣った魚の成果。釣り上げた種類や数などの成果。
・ちょうこう(釣行)
釣りに行くこと。
・ちょんがけ
釣り針に餌をひっかけ付けること。 
・つぎざお 継ぎ竿
竿が節ごとにわかれていて、数本の竿を継ぎ合わせて一本の竿にするもの。
持ち運びに便利な竿。電車や自転車、バイクでの釣行に非常に便利。
・てきさすりぐ テキサスリグ
ルアーフィッシングの仕掛けの一種。
バレットシンカーをハリス(道糸)に直接、固定せずに通してその先にフックを取り付けた
シンプルなリグ。バス釣り、ソルトウォーターロックフィッシングに有効な仕掛け。
・てとらぽっと テトラポッド
海岸や川岸の護岸に使用される4つの足からなるコンクリート製のブロックのこと。
釣り場(海や河川により)いろいろな大きさのテトラポットがある。
テトラと略すことが多い。
・てれすとりあるふらい テレストリアルフライ
フライの種類。陸性昆虫をイミテートしたフライ。毛ばり。
・てんからつり テンカラツリ
渓流釣りの一種。
アマゴ、ヤマメ、イワナなどをノベ竿に毛ばりを結んだ釣具で釣る。
リールを使用しないフライフィッシング法。
・てんびん テンビン
道糸とハリスの間に継いで使用する仕掛け。 針金やステン棒をく乃字に曲げた釣具。
長さなどいろいろな種類のテンビンがある。
釣り魚、釣法によって使い分ける。、
・どうつきしかけ 胴突き仕掛け
沖釣りの仕掛け。幹糸から数本のハリス、針を出して一番下にオモリ(胴突きオモリや六角おもり)
を付けている船釣り仕掛けのこと。
・とっぷうぉーたー トップウォーター
バスフィッシングやシーバスフィッシングなどに使用するルアーの一種で、
水面を泡や音を立てながら走らせて小魚が逃げるように似せるもの。
釣れる瞬間や捕食の瞬間が見えることがある。とてもスリリングで迫力満点を味わえる
ルアーフィッシングのルアーです。
トップウォーター専門でバス、スズキ、ヒラスズキを狙うマニアな釣り人も多数いる。
・とも トモ
ボート(船)の最後部。船尾側。
・どらいふらい ドライフライ
水生昆虫の成虫をイミテートして作った、水に浮かべて釣るフライ。
・どらぐ ドラグ
リールの逆転機構で、大きな魚が掛かったときなどにラインに一定以上の強い力が加わると
スプールが逆転してラインが切れるのを防止する。
大型魚やパワーのある魚を釣るにはリールのドラグ性能は非常に重要です。
・とりこみ 取り込み
針に掛かった魚を取り込むこと。ランディングとも言う。
・とりやま 鳥山 
海面近くに海鳥が集まっていることで、その海面直下には大型魚に追われた小魚が群がっていること
が多い。
キャスティングルアーフィッシングでは好ポイント。
・とろば トロ場
河川の形状。川の流れが穏やかな状態の場所。
アユ釣りでは泳がせ釣法の好ポイント。
晩秋には大型アユが潜む実績のあるポイント。
・とろーりんぐ トローリング
竿と大型リールを使用して行う曳き釣り。
ボートを走らせながら魚を釣る。カキジマグロやカツオ、マグロなどの
大型魚を狙うダイナミックな釣り。

スポーニング時期に釣れるルアーについて
琵琶湖オカッパリバス釣り人気スポットナビ
ヒラメ釣り方ルアーヒラメ釣り入門
釣り用語解説ま行
釣り用語解説ま行ら行

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣り用語解説 な行

釣り用語解説 な行

・なかしお(中潮)
釣りの時は潮の高低差が満潮と干潮の中間付近にある状態の意味。潮見表で確認できます。
・ながしお(長潮)
フィッシングでは満潮と干潮の差が最も少なくなり、潮の動きが少なくなる意味。
・なかとおしざお インナーラインロッド 中通し竿
ロッドの外側のガイドが無く、釣竿の内部に道糸が通っているもの。
インナーラインロッドとも呼ばれる。最近では竿内に撥水コーティングを施した釣竿もある。
釣りが非常にしやすくなります。
・ながれも 流れ藻
春から夏にかけて海面に浮遊している海草(海藻)のこと。
・なぎ 凪
海の風や波がほとんど無く、海面が穏やかになっている状態。
まったく海の風や波が無い状態をベタナギという。
・なげざお 投げ竿
投げ釣り用に使用する竿のことで、継ぎ竿や振り出し竿がある。
竿の全長が長く、釣り仕掛けの遠投が可能。キス釣りなどのサーフ投げ釣りに重宝する竿。
・なげづり 投げ釣り
仕掛けを遠くまで投げ込んで釣る釣り方。主に砂浜からの遠投釣りを指す場合が多い。
・なすがたおもり ナス型オモリ なすおもり
釣り用のナスビのような形をしていてオモリ。錘頭部に接続用の金具が付いているもの。
色々なフィッシングジャンルで活躍する。
・ななめうき(斜めウキ)
波が荒い磯場などでウキが直立できないようなときに使用するウキ。
・なぶら ナブラ
海面が魚の大群で波立っている状態のこと。主に小魚が大型魚に追われている場合に
ナブラが出来る。キャスティングルアーフィッシングでは大チャンスタイム。
・なみつぎ 並継ぎ 
竿の継ぎ方の形状ことで、ロッドパーツを差し込んでいくことで一本の竿になるもの。
・ならい 
北風の種類。山の側面に沿って吹く北風。(北風 ナライ 西風 ニシ 南風 ハエ 東風 コチ)
・ぬいざし 縫い挿し 
釣りエサの付け方の呼び名。釣り針で餌を縫うように付けること。
・ね 根
海底の岩礁帯や川底の石など、釣りのときに障害物になるもの。釣りの好ポイント。
ボート釣りの場合、根を魚探でサーチして釣ることが多い。
・ねがかり 根掛かり
仕掛けが海底や川底の障害物に引っ掛かる状態のこと。地球を釣ったなどと言うこともある。
・ねざかな 根魚
ロックフィッシュ 海底の岩礁帯などの根に棲みついている魚のこと。
ガシラ・ソイ・アイナメなどを根魚という。
・ねずれ 根ずれ
仕掛け(糸)が水底の障害物(根)やテトラ、シモリなどにに擦れて切れてしまうこと。
・ねりえ ネリエ 練り餌
釣り餌の種類。粉末の餌を水やミリンで練り合わせた釣り餌。
・のされる
掛かった魚の引きがとても強いときに竿倒されてしまうこと。
釣り魚に対してロッドパワーが足りない釣竿を使用したときにのされる。
釣りのピンチ時
・のじめ ノジメ
釣った魚の鮮度を保つために、釣り場で魚をシメること。
・のっこみ ノッコミ 乗っ込み
魚が産卵するために産卵場所を求めて、群れで浅場まで移動してくること。
ノッコミ真鯛などは釣りの季節の風物詩です。
・ノット のっと
釣りのラインの結び方。フィッシングジャンルにより多種多彩なノットがある。
・のべざおノベザオ 延べ竿
釣竿の継ぎ目のない1本物の竿。



スズキ シーバスの釣り方食べ方について
ブラックバスの食べ方
釣り用語解説ま行
釣り用語解説ま行ら行
春の海釣りソルト五目釣り入門

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣り用語解説 は行

釣り用語解説 は行



・はーどるあー ハードルアー
ルアーフィッシングの主たる道具。
魚の形をしたボディに針が付いているルアーで、GTやマグロなどの大型フィッシュイーター
フィッシュを釣る為の大型ルアーから渓流でトラウト類(鱒類)を釣るような小型ルアーまで
多種多彩なルアーが揃っている。木製ルアー、プラスチック製ルアー、金属製ルアーなどがある。
・ばいぶれーしょんるあー バイブレーションルアー
ルアーの一種で、平たい頭に水を受けながら小刻みにボディーを震わせる動きをするもの。
パイロットルアーとしてなど、バスフィッシングやシーバス釣りにおいて
かなりの使用頻度の高いプラグです。プラスチック製バイブレーションルアー、
金属製バイブレーションルアーが現在の主流素材。
・ばすつり バス釣り
ブラックバスをルアーやワームなどの疑似餌で釣ること。
バスフィッシングと言う。
・ばっくらっしゅ バックラッシュ
ベイトリール(キャスティング用両軸リール)を使用して仕掛けを投げ込んだとき、
ラインが出て行くスピードよりスプールの回転が速くなってラインが絡む状態のこと。
釣り場の風が強いときや、夜釣り、バスボートやアルミボートなどでアプローチする時に
よくバックラッシュする。
・ばーぶ バーブ

釣りハリのカエシ(モドシ)のこと。
・ばーぶれす バーブレス
カエシのないフック。スレ針。
・ぱーまーく パーマーク
サケ科の幼魚に見られる、体側に並んだ大きな暗色班のこと。
ヤマメやアマゴは成魚になってもパーマークが残る場合がある。
・はやあわせ 早合わせ
魚のアタリが来てから合わせるタイミングが早過ぎること。
フッキングまでなかなか行き着けない。
・はりす ハリス
針を結びつける糸(仕掛け糸)のこと。
沖釣りや船釣り、川釣りなどではフロロカーボンライン、ナイロンラインが
主流ハリスです。 
・ばらす バラシ
針掛りさせた魚を途中で逃がしてしまうこと。
・ばんのうざお 万能竿
釣り全般に使えるオールマイティーに使用できるロッド。 
・ぴーいーらいん ピーイーライン PEライン
ポリエチレンの化合物を素材とした極細繊維のラインで、かなり強度があり吸水性や伸びが無く、
比重が重くて沈み込みが早いので沖釣りや深場釣りに適したライン。
アオリイカエギングやジギングの流行でPEラインの特徴、性質、ラインシステムなどが良く
知られるようになった。
・びし ビシ
釣り用語ではオモリ(錘)のこと。
いろいろな種類のビシがある。
・ひっと ヒット
魚が釣り針に掛かった瞬間のこと。
フィッシュという釣り人もいる。
・ひろ ヒロ 尋
長さの単位の一つで、両手を左右に広げた時の長さを表す。
釣り用語では仕掛けの長さや釣りポイントの水深を表すときに使用する。1ヒロ 尋は1.5m
・ふぁーすとりとりーぶ ファーストリトリーブ
リールを早く巻いてルアーを自分の手元に引き寄せること。
・ふかせつり フカセ釣り
オモリを使わないまたは極端に軽いオモリを使用して餌を自然な流れに漂わせて(ふかせて)釣る釣り方。
磯釣りのフカセ釣りや船釣りの完全ふかせ釣法、沖釣りのNS釣法など
フカセ釣りにもいろいろな方法がある。
・ふさがけ 房掛け
釣りエサを釣り針に付ける方法のひとつ。
1本の釣りハリに数匹のエサをつけること。
・ふち 淵
川の形状のこと。川底が深く水がよどんでいるような場所。
水深が深いところが多い。
・ふっく フック
釣り針のこと。
ルアー用イカリ針、ヘラ用スレ針、フライフィッシング用フックなどなど
ねらう魚の大きさ、魚種、釣法により針を使い分ける必要がある。
・ふっくあっぷ フックアップ
魚を針掛かりさせること。
・ぶっこみづり ブッコミ釣り
重いオモリをつけた仕掛けを投げ込んで底に沈めた状態でアタリを待つ釣り方。
コイ釣りの釣法のヒトツ。
・ぶどうむし ブドウ虫
蛾の幼虫。渓流釣りの好エサ。
・ふところ フトコロ
釣針の部分の名称。
釣り針の曲がった部分の内側のこと。
・ふらいふぃっしんぐ フライフィッシング
フライロッドとフライリールに毛針を使用して行う釣りのこと。
トラウト類(サケ、アメマス、アマゴ、イワナ、トラウト)バス、海のカジキマグロまで
フライフィッシングでねらうアングラーもいる。
・ふらいろっど フライロッド
フライフィッシングで専用ロッド(竿)のこと。
いろいろな長さやいろいろな竿調子のロッドがある。
・ぷらぐ プラグ
ルアーフィッシングで使用する木やプラスチック製で作られている小魚の形をした針付き疑似餌のこと。
クランクベイト、ミノープラグ、ペンシルベイト、ジャークベイトなど。
・ぶらっくばす ブラックバス
北アメリカ南東部原産サンフィッシュ科の魚。ノーザンラージマウスバスと言う。
非常に獰猛な肉食魚(フィッシュイーター)のこと。
この性格、食性を利用した活きエサを使わずにルアーで釣る釣法をルアーフィッシングという。
・ぶらくりつり ブラクリ釣り ブラクリ仕掛け
アイナメ釣りなどで、短冊形のオモリにケブラーなどで釣りハリを結んだ仕掛け。
・ふりだしざお 振り出し竿
竿が先端部から段々に格納されていく構造のロッド。
携帯性に優れた竿。
・ぶれっどしんかー ブレッドシンカー ブレッド型オモリ
オモリの形が弾丸のような形をしているもの。
水の抵抗を受けにくいのと、障害物に引っかかりにくいのがブレッドシンカーの特徴。
バス釣り、ソルトルアフィッシング、ロックフィッシュフィッシングに良く使用する。
・べいと ベイト
エサとなる魚のこと。
・べいとたっくる ベイトタックル
ベイトリール(両軸リール)とベイトロッドを使うタックルのこと。
ルアーフィッシングの釣り用具。
・べいとろっど ベイトロッド
ベイトリールをセットできるベイトタックル専用ロッドのこと。
・べいとりーる ベイトリール
両軸リールのこと。スピニングリールに比べてルアーや仕掛けのキャストが
正確にできるリール。ドラグ性能がしっかりしているリールが多いのも特徴の1つ。
・へち ヘチ
岸や堤防の波打ち際。壁際スレスレの場所。
・ぽいんと ポイント
魚が潜んでいて釣れそうな場所のこと。魚が居ついている場所や
回遊ポイント。
ほさき 穂先釣竿の一番先の部分。ロッドティップとよぶ。
・ぽんどてすと ポンドテスト lb lbs
フィッシングラインの強度表示。
釣り糸が切れるまでに耐えられる重量の表示。
・ぼうず ボウズ 坊主
全く何も釣れなかったときのこと。
ノーフィッシュ。オデコともいう。デコる。
・ぽんぴんぐ ポンピング
魚を引き寄せるとき、竿を上げてから引き寄せて、竿を倒すときにはリールを巻いていくという
釣り魚を釣り上げるテクニック。

メダイの食べ方
バスロッド人気ランキング スピニングロッド編
良く売れている電動リール一覧
釣具が安い全国釣具店一覧
釣り用語解説ま行
釣り用語解説ま行ら行

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣り用語解説 ま行

釣り用語解説 ま行



・まきえ 撒き餌 マキエ
釣りエサの種類。仕掛け付近まで魚を寄せるために撒く餌のこと。
コマセや寄せ餌とも言う。
コマセワークで本命の魚を寄せたり、エサ取りの外道魚を一ケ所に集めさせて
その間に狙いのポイントで本命の魚を釣るような技もある。
釣りの奥深い技。
・まごばり 孫バリ
1ケの釣りエサに2本の釣り針を付ける場合の後部に付ける針のこと。
補助的な釣り針。
・まずめ マズメ
釣りでは朝マズメや夕まずめがあり、日の出、日の入り前後の薄暗い時間帯のこと。
魚の食いが活発になりよく釣れるチャンスタイム。
釣りの絶好時間。
・みおすじ ミオ筋
海や河川の浅場でボートや船舶が通行できるように深く掘られた水路のこと。
周辺の水深より深くなり、水流が変化するため魚が集まりやすい場所。
魚釣りの好ポイントになる。
・みきいと 幹糸
サビキ釣り仕掛けや胴突き釣り仕掛けで使われる主たる糸のことで、
幹糸から枝ハリスをつけるのがサビキ釣り仕掛けや胴突き釣り仕掛け。
・みぎれ 身切れ
釣り針に掛かった魚の口や身が切れて針から外れ逃がしてしまうこと。
・みちいと 道糸
リールに巻いてある部分からハリスまでのラインのこと。
竿からハリスまでのラインも道糸と呼ばれる。
・みづり 見釣り
魚の姿が見えている状態でその魚を釣ること。
サイトフィッシングという。
・みでぃあむあくしょん ミディアムアクション
ロッドの調子の種類。曲がり具合をさす。
・みのーぷらぐ ミノープラグ
ベイトフィッシュの小魚に似せて作られたプラグ(ルアー)のこと。
フィッシングジャンルによりいろいろなサイズのミノーがある。
・みゃくづり 脈釣り
ウキを使わずに竿の感覚だけでアタリをとる釣り方。
渓流釣りに多様する釣法。
・みよし ミヨシ
ボート(船)の先端。船舶のヘ先。
・むこうあわせ 向こう合わせ
釣り魚の方から針に掛かってくれること。
釣り人がアワセを入れなくても、魚が針掛かりしてくれること。
・めたるじぐ メタルジグ
ルアーフィッシングで使用する鉛やステンレスなどでできた金属製のルアー。
ブラックバス釣り・シーバスフィッシング・真鯛釣り・青物釣り・根魚釣りなど
いろいろな釣りに使える。
・もば 藻場
藻が多く茂っているところ。
海草がよく生えているところ。釣り仕掛けの根掛りに注意したいポイント。

釣り用語解説か行
釣り用語解説さ行
左巻き船リール一覧
食べられるフグの見分け方一覧
釣り魚の危険 毒を持つ魚

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

釣り用語解説 や行ら行わ行

釣り用語解説 や行ら行わ行

・やこうだま 夜光玉
釣り仕掛けを海底で目立たせるための光るビーズ。
・よりもどし ヨリモドシ
フィッシングメインライン(道糸)とハリスを継ぐときに使用する金属製の釣具。
サルカンやスイベルとも言う。
・よぶ ヨブ
海底が潮の流れや波によって起伏ができたところ。
波の動きで出来た海底の起伏。
シロギスの好ポインと。
・らいず ライズ
ベイトフィッシュを追いかけた魚が水面に姿を現し波紋をあげる状態。
ルアーフィッシングでは釣るチャンス。
・らいとたっくる ライトタックル
30ポンドラインテスト(30Lb)以下のタックルを使用して、手持ちロッドで釣る
ルアーフィッシングのこと。最近ではライトタックル沖釣りが流行している。
手持ち沖釣り。
・らいとあくしょん ライトアクション
竿(ロッド)の曲がり調子。
曲がり具合を表すもの。柔らかめの竿。
・らいん ライン
釣り用リールに巻く釣り糸(道糸)のこと。
・らいんしすてむ ラインシステム
ルアーフィッシングで使用するメインライン(道糸)とショックリーダーを結ぶ方法。
MIDノット、FGノット、SFノットなど進化したラインシステムが続々と登場してきている。
・らばーじぐ ラバージグ
バス釣りで主に使用するジグヘッド(シンカー(オモリ)とフック(針)が一体になっているフック)
にゴム製のスカートゴムが付いた様なルアー。
・りぐ リグ
釣り仕掛けのこと。
テキサスリグ・ノーシンカーリグ・ライトリグなど
・りーだー リーダー
ルアーフィッシング(フライフィッシングやジギング、エギングなど)で道糸の下にくる
力糸のこと。仕掛けがらみ予防やショックリーダーとして重宝する。
結束にはラインシステムを組む。
・りーふ リーフ
岩礁のある浅い棚床の場所。GTフィッシングなどの好ポイント。
・りりーす リリース
釣り上げた魚を再び元に戻してあげること。
キャッチアンドリリース。
・りーる リール
釣り糸(道糸)を巻き取る道具。
釣り方法によりいろいろな種類のリールを使い分ける。
・りょうじくリール 両軸リール 両軸受けリール
リールのスプールの両端が固定されているリールのこと。  
ベイトリールやフライフィッシング用のリールなどがあり、ラインを巻き取る力が
強いのが両軸リール、両軸受けリールの特徴。
・るあー ルアー
ルアーフィッシング用の疑似餌の一種。
プラスチックや金属などで作られている魚の形をした疑似餌のこと。
メタルジグ、スプーン、プラグ、スピナーベイトなどいろいろな形状のルアーがある。
・るあーふぃっしんぐ ルアーフィッシング
ルアー(疑似餌)を使って魚を釣るスポーツフィッシングこと。  
・るあーろっど ルアーロッド
ルアーフィッシングで使用する竿(ロッド)。
・わかしお 若潮
潮が小潮から大潮へと向かってくるようになる初日のこと。
長潮の翌日の潮。
・わりびし 割りビシ
糸を挟み込むための割れ目が入っているオモリ(錘)のこと。
別名カミツブシオモリ。
・わーむ ワーム
ソフトルアーの一種。ゴム製で出来た虫(ミミズみたいな)をイミテートした形をした
ゴム疑似餌。基本的にはワーム専用のフック(針)にワームをセットして使用する。
ソルトルアーフィッシング、バスフィッシング、ロックフィッシングに主に使用する。
・わんど ワンド
湖や川にできた入り江のこと。
魚が溜まり易い好ポイント。



釣った魚のさばき方
釣った魚の保存方法
マイボートシロギス釣り入門
ボート免許不要ボート(船舶免許不要船外機)について
釣り用語解説ま行

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

覚えておくべき釣り用語重要ワード1

覚えておくべき釣り用語重要ワード1

釣り用語は釣り人しか分からないワードが多いです。
釣り初心者が覚えるべき重要釣り専門用語を一覧にしました。

時合い

魚の活性が高まり、魚が釣れる時間帯のことです。
魚は一日中釣れることは稀で、基本的に時合い(じあい)に食い気がタチ
釣れるケースがほとんどです。
季節、潮まわり、などで時合はその日その日で違います。
時合いのタイミングにいかに竿を出すかが釣果の分かれ目となるでしょう。
釣り用語解説さ行

リアクションバイト

バス釣りやジギング、管釣りなどルアーゲームフィッシングで良く使われる
釣り用語です。
リアクションバイトとは簡単に解説すると反射食いのことです。
ルアーやエサが目の前で不規則な動きとした時に、食い気が無くとも魚が食うことが
あります。それがリアクションバイトです。
釣り用語解説ま行ら行

底だち

釣り仕掛けが釣り場の一番底に付くことを釣り用語で底だちと表します。
底だちを把握することで釣りのイメージ、組み立てができます。
どんな釣りをおこなうにしても最重要になる情報です。
近畿関西ヘラブナ釣り人気スポットナビ



ふかせ

船フカセ、完全フカセ、ふかせ釣り・・・釣り用語で「フカセ」というワードは良く使います。
釣り用語でいうふかせとは仕掛けを自然になじませ(自然に潮流に乗せるイメージ)釣りをすることです。
状況によりますが一番魚が自然に口を使ってくれるのがフカセ状態時です。
船フカセのマダイ釣り方

スコーンリグ

バス釣りの釣法のひとつです。
ロングシャントのスイミング系ラバージグとシャットでール系スイミングワームをセットした
画期的なバス釣りリグのひとつです。
ウィードに引っかかることが少なく、ブラックバスが多くいるウィードエリアを果敢に釣ることができる
リグです。
琵琶湖ではスコーンリグは欠かせないリグとなっています。
スコーンリグでバス釣り
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギング用語一覧

エギング用語一覧

アオリイカを餌木で釣るエギング釣法を楽しむにあたり覚えて置きたい
重要エギング用語を一覧にしました。

エギ
エギングでアオリイカを釣るのに必要な漁具。
漢字で表わすと餌木。
エギングメーカ一覧

エギングノット
PEラインとリーダーを結ぶ釣り結びをエギングノットと呼ぶ。
単純にラインシステムと呼ぶことも多い。
エギングラインシステム ワンポイントアドバイス

カーブフォール
エギを落とし込む時の方法。
ラインにテンションを掛け、カーブさせながらエギを落とすことを
カーブフォールと呼ぶ。

フリーフォール
ラインテンションを掛けずにエギをそのままフリーな状態で落とし込む方法。

潮回り
大潮、中潮、小潮、長潮、若潮、中潮、大潮という潮汐を潮まわりと呼ぶ。
アオリイカ釣りには特に潮回りが重要となる。

ギャフ
アオリイカを釣りあげるためのフック。



ティップランエギング
ボートエギングの釣法の一種。
普通のエギより重いウエイトの付いた専用エギで深場を狙うエギング。
ティップラン釣法ボートエギングでオススメのエギ

リーダー
先糸のこと。
エギングでは道糸にPEラインを使うことが多い。PEラインの長所を活かすためには
リーダーラインを結ぶ必要がある。FGノットやノーネームノットなどのラインシステムで結ぶのが最適。
エギングリーダー結び方ノット一覧


キロアップ
1kg以上のアオリイカをキロアップという。
アオリイカは最大サイズになると3kgにもなるが、それほどのサイズの大型アオリイカはなかなか釣れない。
1kgUPのキロアップでも十分な大きさといえる。

シモリ
アオリイカの良く釣れるポイントとなる岩礁のこと。
干潮でも水面に出てこない岩礁をシモリと呼ぶ。

サーフエギング
砂浜からエギを遠投して回遊性の高いアオリイカを狙うエギング釣法の一種。
サーフエギング釣り方入門

アワビシート
アオリイカにアピールするようにエギをデコレートする製品。
本物のアワビの殻で作られたシートや人工的にホログラム調にされたシールなどがある。
多くのエギング釣り人が使う重要アイテムになる。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

ヘラブナ釣り用語

ヘラブナ釣り用語

ヘラブナ釣りを楽しむにあたり覚えて置きたいヘラブナ釣り用語を
一覧にしました。
釣り用語解説は行



打ちこみ

ヘラ竿を振りポイントに餌を入れること。
打ちこみを何度もおこなう事を打ち返しと呼ぶ。
ヘラブナ釣りでは同じ場所にエサを入れらる技術を習得する必要がある。


野ベラ

自然のへらぶなのことをノベラと呼ぶ。
河川や池の野ベラを専門に狙うヘラ師も多い。
近畿関西ヘラブナ釣り人気スポットナビ


バラケ

ヘラブナ釣りに使う専用練りエサの一種。
バラケエサは溶解速度の速いネリエのこと。
マキエ感覚で使うことが多い釣りエサ。


巣離れ

冬の冬眠から(冬ごもり)春になりヘラブナの行動範囲が広くなること。
低水温時期から水温上昇とともに巣離れすることが多い。


ハコ

釣堀(管理池)をハコと呼ぶ。
反対は自然の池や河川で楽しむ野ベラ釣り。


ノッコミ

魚が産卵のために産卵場所となる浅瀬に寄ること。
ヘラ釣りだけに使われる専門用語ではなく全ての釣りに使われる釣り用語。


底だち

水深を知ること。
ヘラブナ釣りでは底ダチを把握することが釣果を左右する。
ヘラ釣りの基本。


バカ

道糸の長さのことをさす。
竿の長さと同じ長さの道糸。
バカを出す・・・道糸を竿の長さより長くすること。
バカをつめる・・・道糸を竿の長さより短くすること。
釣法により使い分ける。


アブレ

ヘラブナが全く釣れないこと。


新ベラ

主に釣り堀で新しく放たれたヘラブナのことをさす。
釣り施設によろ異なるが秋ごろが新ベラ放流時期の基本。


巨ベラ

45cm以上のヘラブナを巨ベラをいう。
釣り用スケールはかり人気ランキング


板オモリ

ヘラブナ釣りによく使用される鉛を板状にした釣り用錘。
切り分けて使うため重さ調節が簡単におこなえるのが特徴的で、ウキの浮力調整が
しやすい釣りオモリ。ヘラブナ釣りには欠かせない釣具といえる。
釣りオモリのガン玉と割りビシ重さ一覧
ヘラブナの食べ方料理一覧

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

最近良く使われ出した釣り用語

最近良く使われ出した釣り用語

今の時代になりよく使われ出した新しい釣り用語を一覧にしました。



フォーミュラー

釣り用語でいうフォーミュラーとは魚の寄せる、たまは口を使わすための集魚材のこと。
液体、粉、スプレーなど釣り用のフォーミュラーは様々な形状がある。


キロアップ、キロフィッシュ

1kgを超える魚やイカをキロアップやキロフィッシュと呼ぶ。


マンメイドストラクチャー

主にルアーフィッシングにおいてよく使われる専門用語。
人工的な障害物をさす。
マンメイドストラクチャーの代表的な物は堤防、護岸、堰、橋脚など。
マンメイドストラクチャーは魚のよい付き場となることが多い。


マッチザベイト

そのとき釣り対象魚としている魚が食べているエサのこと。
種類、大きさなどを目安にしてエサ選びをしたり、ルアー選びをしたり、
あらゆる釣りで非常に大切な情報となる。
キープする魚であれば腹を出して釣った魚が何を食べているのか確認することも有効。


フィネス

繊細な釣り仕掛けのこと。
釣りにおいて良く使われるフィネスとは「ツネキチリグ」や「ノーシンカーリグ」などの
リグで釣るとこをさすケースが多い。
プレッシャーが高い釣り場では欠かせない釣法のひとつ。


サーフェイス

水面直下。
ルアー釣りで良く使われる用語のひとつ。


メソッド

釣りでいうメソッドとは釣法、攻め方などの攻略法をさす場合が多い。


イング系釣り

ing。エギング、ジギング、メバリング、アジングなどルアーやエギを使い(エサを使わない)楽しむ海釣りの方法。
イング系釣り=ソルトルアー釣り。


エフジーノット

PEラインとリーダーを結ぶ方法んもひとつ。
FGノット(エフジーノット)は数あるラインシステムの中でも特に強いPE結びで
最強ともいわれるとても強い釣り結び。


ラバーネット

ゴム系の素材を使用した釣り用玉網の一種。
魚に優しいのが特徴的でルアーフィッシングで良く使われるタモ。
釣り仕掛けが絡みにくいという特徴も持ち合わせている。

ジギングライン結び方
ソルトフライフィッシング入門
インチクの釣り方のポイント
魚編では無い魚の呼び名漢字一覧
釣り用語解説ま行ら行
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

マキエカゴ種類

マキエカゴ種類

釣りでマキエを入れるマキエカゴは色々な種類のものがあります。
釣法や使うコマセの種類によりマキエカゴを使い分ける必要があります。
マキエカゴの種類と釣りにおける主な用途(釣法)を一覧にしました。



ラークカゴ

船釣りで良く使うマキエカゴです。ラークカゴは船釣りの基本コマセカゴとなります。
色々な大きさのラークカゴが発売されていますので釣る魚種、釣法によりサイズを使い分ける必要
があります。
コマセが出る量を調整できる便利なマキエカゴです。


クッションステンカゴ

ステンレス線を編んだオキアミ用マキエカゴです。
クッションゴムが中通しになっているクッションステンカゴです。
色々な釣りで使われますが基本は船のサビキ釣りです。
オキアミの大きさによりカゴの大きさを使い分ける必要があるでしょう。


プラサビキカゴ

堤防釣りで良く使われるマキエカゴです。
錘がセットされているプラカゴ、錘無しのプラカゴがあります。
使い分けると釣りの幅が広がります。


ダイワ ジェットカゴ遠投天秤用

投げ釣り用に特化された遠投性抜群のマキエカゴです。
マキエの出る量が調整できるのが嬉しいです。
多くの投げ釣り師に愛用されているジェットかごです。


アミカゴ リングカゴ

一番オールマイティーに使われる釣り用マキエカゴです。
船釣り、防波堤釣り、磯釣り・・・あらゆる海釣りに使われるマキエカゴです。
主にオキアミをコマセとする釣りに使われるコマセカゴです。


第一精工 マグネットカゴ

一般的な網カゴにマグネット式のフタを付けたマキエカゴです。
仕掛けを投入してタナに着くまでに無駄なオキアミの流出を防げるのが
マグネットカゴの一番の特徴です。
船釣りやいかだ釣り、磯釣りなどアミカゴを使う場面で活躍するコマセカゴです。


ミサイルカゴ羽根付

アミエビ用コマセカゴです。投入時は羽根がアミエビの流出を防ぎ、タナ到着後はしゃくれば羽根が開き
アミエビが出る仕組みのマキエカゴです。
テグスが中通しになっているタイプとゴムクッションが中通しされているタイプが発売されています。
沖釣りのサビキ釣りや防波堤釣りで良く使われるコマセカゴです。


こませ網

網状のコマセアミです。




ウキの種類と使い方について
オモリの種類について 下オモリあれこれ
釣りエサ解凍予約販売釣具店
グレ釣り配合エサ人気一覧
コマセ真鯛釣り入門 真鯛釣り仕掛け&マダイ釣りタックル

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサードリンク

sponsored link

サイトカテゴリ

ボートフィッシング入門
▽ボート免許マニュアル
船舶免許(ボート免許)取り方
ボート免許 船舶免許
ボート免許不要ボートについて
▽ボートの買い方マニュアル
中古ボート販売情報
ボート購入ガイド
中古アルミボートについて
船舶保険について
▽レンタルボート情報
レンタルボートについて
▽ボートフィッシング情報
ボートフィッシング入門
ハンディGPSについて

釣り入門について
▽釣り用語解説
釣りの基本釣り用語解説あ行
釣り魚の危険
釣り魚事典
▽釣りの結び方マニュアル
針結び方
ライン結び方
釣り結び方 枝針結び方
バス釣り結び方
▽リールマニュアル
リール糸巻き量
電動リール使い方マニュアル
▽釣り糸について
ラインの種類・使い分け
▽釣り用オモリについて
オモリの種類と釣り用途
▽釣針のこと(フック) 釣り針について
▽ウキの種類
ウキの種類と使い方
▽釣りエサについて
釣り餌一覧
▽海上釣堀マニュアル 海上釣堀ナビ
海上釣掘について
▽バス釣りマニュアル
バス釣り入門
バス釣り結び方
▽雷魚釣りポイント
ライギョ釣り
▽手軽な釣りについて
堤防釣り入門
磯釣り入門
ウキ釣り入門
ザリガニ釣り入門
ファミリーフィッシング・デート向け釣り 堤防釣り 防波堤釣り入門
▽ワカサギ釣りマニュアル
ワカサギ釣りについて
▽フライフィッシングマニュアル
フライフィッシング入門
▽ジギングマニュアル
ライトジギング入門
インチク釣りについて
電動リールジギングの方法
▽夜釣りマニュアル
夜釣り入門
▽イカ釣りマニュアル
スミイカ釣り入門
ヤリイカ釣り入門
アオリイカ エギングについて
エギングワンポイントアドバイス
▽シーバスフィッシングマニュアル
シーバスフィッシング入門
▽シロギス釣りマニュアル
キス釣り入門
▽"イング"系ニュージャンルフィッシング
メバリング入門
アジングについて
▽沖釣りマニュアル
ライトタックル沖釣り入門
胴突き釣り入門
沖釣り入門
▽季節の釣りマニュアル
冬の釣り
▽アユ釣り入門
アユ釣り解禁情報速報
▽エリアフィッシングマニュアル
管釣り入門
▽オススメ釣りマニュアル本 釣り入門に最適な釣りマニュアル本
▽釣具メンテナンスマニュアル
釣具のメンテナンスについて
釣具メーカー別アフターサービス問い合わせ一覧
▽釣具激安情報&釣具カタログ集
中古釣具店情報
釣具比較 釣具インプレッション
釣具激安カタログ
釣具人気ランキング
全国激安釣具店ナビ
釣具買取店ナビ
フィッシングショー2009について
バークレー ガルプについて
フィッシング&アウトドアウェアカタログ
クーラーボックスカタログ
防水携帯電話人気機種
▽フィッシングの基本
釣り入門サイト
釣りの基本 釣りマナー&モラル
▽知って得する釣りのこと
釣りエサ解凍予約販売釣具店情報
釣り&アウトドア&観光 オススメフィールド情報
釣りビジョン番組ナビ
溶けにくい氷の作り方
釣り便利サイト
▽釣った魚を記録する方法
釣った魚の撮影方法
魚の剥製自作作り方
▽魚料理のポイント&魚をおろすコツ
釣り魚釣り方・食べ方
アウトドア簡単料理レシピ
▽魚の〆かた、血抜き方法
魚の締め方
釣った魚の上手な持ち帰り方
▽マイボート釣り釣果情報
釣り釣果速報
▽潮見表 潮汐情報
潮見表
▽釣り保険加入のススメ
釣り保険について

▽釣り公園ナビ
全国釣り公園ガイド
アウトドア入門
▽アウトドア初心者マニュアル
アウトドア入門
ボート・釣り・キャンプに役立つロープワーク
激安アウトドア用品店情報
▽テント設営マニュアル
テントの選び方
▽バーベキュー場情報(雨天BBQ対応)
全国バーベキュー場ナビ

釣り入門サイト  フィッシングボート アウトドア入門サイトマップ
サイトマップ

釣りブログをもっと見るなら

RSSフィード

最新記事

記事一覧

ブログ内検索


| ホーム |
レーシック