sponsored link

スポンサードリンク


| ホーム |

全ての記事を表示する

ボートエギングのワンポイントアドバイス

エギングワンポイントアドバイス
ボートエギングのワンポイントアドバイス
アオリイカをボートからアプローチするエギング”ボートエギング”でアオリイカを人より多く釣る
為のボートエギングのコツや釣り方のワンポイントアドバイスを紹介します。



ボートエギング エギングワンポイントアドバイス
・ベイトタックルでのエギングに挑戦をする
エギングでは基本的にキャストをしてエギを釣りポイントに送り込みシャクル釣り方が基礎です。(特にオカッパリ釣り エギングにおいて)しかし、ボートエギングではエギをボート下にバーチカル(垂直)に落とし込む釣りが基本となります。バーチカルにエギを落とし釣る方法のエギングにはベイトタックルでの釣りがとにかく最適です。ボートエギング(バーチカルエギング)では取り扱いの難しいPEラインのトラブルも陸っぱりエギングより格段に減りますのでベイトリールの使用も意外と簡単です。
魚のアタリ(アオリイカのアタリ)を鋭くキャッチするのがベイトエギングの魅力です。
ボートエギング エギングワンポイントアドバイスの第一弾として先ず”ベイトエギング”に挑戦してみてください。
・エギの選び方
ボートエギングでは岸からのエギングのようにエギのセレクトに神経を使う必要はありません。
ボートからのエギングで使用するエギを選ぶコツは餌木の背の色より、腹側のカラーの方が重要です。よくエギのパッケージに”赤テープ”だとか”金テープ”だとか”虹色マーブル”だとか”夜光テープ”などと表記しているエギを見かけます。その表記こそまさに”餌木の腹カラー”のことです。
ここではあえてオススメエギカラーの説明やオススメはしませんが、アオリイカ爆釣パターンの重要なキーワードは腹側のカラーにあるのは間違い無いです。
ボートエギングで深場を攻める場合は必然的に大きめのエギを選ぶべきです。
大きいエギの方がアオリイカにアピールしますので深い釣り場でのエギングには大きいシルエットのエギが有利です。
・釣りをする船(ボート)
大きい仕立て船(遊魚船)などでは船べりの高さがとても高いです。このような釣り船でのボートエギングの場合エギングロッドは長めをセレクトした方が釣れたアオリイカを取り込みやすいです。
反対にゴムボートや小型フィッシングボート、小型プレジャーボートからエギングをする場合、短めのエギングロッド(ショートロッド)が使用しやすいです。
・PEラインはあえて細めの号数をセレクトする
ボートエギングの通例では中オモリなどを使用する場合は2号ぐらいのエギングでは太めのPEラインを使用するケースが多いですが、アタリの取り易さや潮流の影響を考えてあえて1号までの細めのPEラインをしようします。
これはボートエギングで多くアオリイカを釣る特に重要なコツです。

ベイトエギングのすすめ 
エギングタックルの選び方のコツ 
PEライン人気ランキング 
ベイトエギングにオススメのベイトリール
ダイワ TDジリオン PEスペシャル 
ベイトエギングの取り組み方やベイトエギングに合ったタックルのセレクトを紹介した記事です。
これからベイトリールを使用した”ベイトエギング”をはじめる方の参考になればよいのですが。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギングラインシステム ワンポイントアドバイス

エギングラインシステム ワンポイントアドバイス
エギングの道糸(PEライン)とショックリーダーを結ぶシステム「ラインシステム」のワンポイントアドバイスです。
アオリイカ釣り(エギング)に最適なリーダーとPEラインの結び方で大切なポイントは
結び目の小さいラインシステムを結ぶことです。ラインシステムには色々なノットがあります。その中でも”エギングラインシステム ワンポイントアドバイス”ではエギングに最適な結び目が小さく、高強度なラインシステムを紹介します。エギングマニュアル本にも良く解説されているエギング用ノットは基本的に誰でも簡単に、そしてある程度の強度を持つラインシステムです。エギングワンポイントアドバイスとしましては更に一歩踏み込んでエギングに最適なラインシステムの解説をしました。



エギングラインシステム ワンポイントアドバイス
SFノット詳しい解説は下記”ラインシステムマニュアル”でしています。)
sfノットは結び目がとても小さく、強度抜群のラインシステムです。エギング用ノットにおススメです。
FGノット
かなり強度がある様々な釣りに使用できる実績の高い人気ラインシステムです。細いPEライン~太いPEラインOKです。
MIDノット
midノットも結び目がかなり小さく、キャスティング時にロッドガイドにラインが絡むことが少ないラインシステムです。
ノーネームノット
このノーネームノットはエギング用ラインシステムで超人気のある結び目が小さいラインシステムです。
オルブライトノッ
ルアーフィッシングのラインシステムとしては昔からある素晴らしいノットです。上記の新しいラインシステムよりは少々、結び目が大きくなりますがエギング用ラインシステムとして十分使用できる人気ノットです。


PEラインとリーダーの結び方
ラインシステムマニュアル 
SFノット、FGノット、MIDノット、ノーネームノット、オルブライトノットなど
PEライン人気ランキング
エギングPE人気ライン 
エギングショックリーダー人気ランキング 
エギングワンポイントアドバイス
ボートエギングのワンポイントアドバイス 
エギングに関するためになる情報です。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

冬エギングおすすめエギの選び方アドバイス

冬エギングおすすめエギの選び方アドバイス
エギング用エギセレクトワンポイントアドバイス
エギング(冬エギング)では思わぬ大型アオリイカが釣れることが多くエギンガー(アオリイカ エギング釣り師)を熱くさせるシーズンです。しかし、釣りターゲットのアオリイカは深いポイントで身を潜めていることが多く、釣り人が冬に生息する大型あおりいかをエギによっておびき寄せ、そしてエギを抱かせなければなりません。(餌木を食わせる)これが意外と・・・(かなり)難しく、冬エギングの最大のポイントです。
当然、冬のエギングに適したエギ(餌木)を選ぶことも重要な”冬のアオリイカを釣るコツ”です。
どのようなエギが冬のアオリイカ釣りに人気があるのか調べましたので、これから冬エギングに挑戦してみる方は
”冬エギングおすすめエギ”を参考にしてみてください!!多くのエギンガーが冬のエギングに適したというオススメエギを紹介しています。ここで紹介する餌木は冬アオリが良く釣れる3.5号以上の大型エギです。



人気”大型エギ”ランキング 冬によく釣れるエギ
ハリミツ 墨族 4.0号  (ピンク/レッドがオススメ)

墨族4号 ピンクレッドは冬のアオリイカ エギングの定番エギです。大きいエギですがとてもシャープなアクションをするエギですので、アピール力抜群です。冬のエギングに最適なオススメ餌木です。
春アオリイカ(親イカ)釣りや深場エギング、遠投が必要な時、風の強い日のエギングにも効果絶大です。安い大型エギ(4号以上)の代表的な激安エギです。

ブリーデン エギマルNEO大分 4.0号 SuperDeep

人気エギングメーカー”ブリーデン”から発売されているエギマル”ネオ大分 スーパーディープ”は冬イカや春 親アオリイカ釣りに
欠かせない爆釣エギです。スーパーディープタイプはノーマルタイプのエギより重いセッティングになっていますので
ディープゾーンに潜む大きいデカイカや春の産卵時期の大型アオリイカを釣るのに適したエギです。
ボートエギング、岸釣りエギングにも対応できる完成度の非常に高い人気エギです。
アクションも素晴らしいエギです。さすがブリーデン エギマル・・・多くのエギングプロが愛用するエギでもあります。
大きくても良くアクションするビッグサイズエギです。

エギングタックルの選び方のコツ 
KOMO イカジグ(烏賊ジグ)
ベイトエギングのすすめ 
秋アオリイカエギ人気ランキング 
アオリイカ エギング激釣エギカタログ 
ダイワ エメラルダス ミッドスクイッドシリーズ
アオリイカ エギング用エギは激安エギから高価なメーカーのエギまで色々と発売されています。デフレ激安エギでも十分釣れるエギもたくさんありますので色んな種類、色んなメーカーの餌木を使用してみるべきです。 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

春エギングのコツ"春イカの釣り方"

エギングワンポイントアドバイス"春イカ釣り"
春エギングのコツ"春イカの釣り方"



アオリイカをエギングで釣るシーズンで見逃せない時期が"春"です。春イカとはアオリイカの親!つまり、産卵を控えた(あるいは産卵行為に入った)大きく成熟した大型のアオリイカです。
春イカ(親イカ)は釣るには秋の子イカ(産まれたての子供イカ)とは違うエギングの技やエギングテクニックを使用して釣る必要があります。エギングで親イカを釣る"春エギングのコツ"に迫りました。

アオリイカは冬は水温が安定した深場のディープゾーンでひっそりと生息しています。この為、冬にエギングでアオリイカを釣るにはある程度深い釣りポイントを選んで釣る必要があります!!1月から2月の真冬にはシャローエリアではほとんどアオリイカがエギで釣れることは無いです。そして3月に入り4月を迎えるころ待ちに待った春イカシーズンに突入します。3月に入れば(その年や釣り場の条件により時期は異なります)冬の水温不安定を嫌って深い海で生活していた冬アオリが産卵を目的としてベイトフィッシュが豊富な浅場(シャローエリア)に接岸してきます。このころからが春エギングのシーズン(親イカ釣り時期)です。バス釣りで言う"プリスポーニング"の季節とも言えます。この時期のアオリは雄アオリと雌アオリがペアーを組んで(アオリイカのペアリング)行動します。


秋アオリエギングはエギングでもエサ釣りでも比較的簡単に釣ることができますが(本当に秋アオリ釣りは簡単に釣れるので釣り入門者やエギング入門者の方にも手軽に楽しめます。)春イカエギングは"春エギングのコツ"や"春イカの釣り方"を知らないとなかなか釣れません。ただ、春あおりいかは釣れれば1kgUP、中には3kg以上の大物が釣れるので大型アオリイカ狙いのエギンガーにはたまらないのです。釣果にもムラがあり、ハイリスクハイリターンのエギングとも言えるでしょう!!


春エギングから秋エギングまでいろいろなパターンのエギングのことを解説しています。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

爆釣最新エギランキング

釣れる人気エギサーチ

エギングで良くアオリイカが釣れるという人気エギ"餌木"の最新情報をサーチしました。
ここ数年のエギング用エギは本当に多くのメーカーが多くの種類のエギを販売しています。
スローシンキングモデル、ディープモデル、ダートアクションモデル、跳ね上げモデル、遠投モデル・・・
バス釣り用ルアーなみの多種多彩なモデルのエギが多数発売されています。
そんな中でも特に良く釣れると噂され、爆釣エギと呼ばれ人気なある最新餌木を紹介します。



爆釣最新エギランキング

ハリミツ 墨族



ハリミツ 墨族のエギは発売以来多くのエギンガーから絶大な支持を得ている人気エギです。
基本的な構造などは従来の墨族と変りないですが2009年モデルはニューカラーのバリエーションが
増え、さらにパワーUPしたエギです。
若狭湾をはじめ、日本海側のアオリイカ釣り師に特に人気のある良く釣れる人気エギです。


バークレイ パワーベイトエギ薫



バークレイ パワーベイトエギ薫はバークレイ得意の"魚が好む匂い"をまとった新型エギです。
今までには無い香り付きエギは2009年モデルのエギの超目玉でしょう。
味と匂いが付いたエギは魅力的です。


ヨーヅリ アオリーQエース



人気アオリイカエギングブランドヨーズリから発売される"YO-ZURIアオリーQ"の新作"ヨーヅリ アオリーQエース"はオカッパリエギング(岸釣りエギング)に焦点を合わせた岸から釣るエギングのスペシャルモデル餌木です。
遠投性十分、軽いシャクリでエギが踊る、シャープなダートアクションな可能・・・陸っぱりエギングに必要な機能を全て持った究極の丘っぱり専用エギです。


2009年モデルの最新エギはどれも個性的なニューコンセプト餌木が多いのが特徴的です。
特にバークレイから発売された"バークレイ パワーベイトエギ薫"は今までに無いタイプのエギで新しいエギングの風を吹き込んでくれた江木です。爆釣する餌木と呼べる新しいエギでしょう!!




堤防釣り・防波堤釣り入門
エギングロッド人気ランキング
エギングDVD人気ランキング
エギングタックルの選び方
エギングPEライン人気売れ筋ランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギングの釣り方コツ一覧

エギングの釣り方コツ一覧



秋のエギング時期です。
潮見表潮汐表)などを見てアオリイカが良く釣れる潮周りに釣行すれば秋のエギングではかなりの高確率でアオリイカを数多く釣ることが可能です。

春のエギングの釣り方、冬のエギングの釣り方などアオリイカを狙う季節によりエギングの釣り方のコツが違います。
秋のエギングの釣り方のコツを一覧にしてまとめてみました。



秋エギングの釣り方テク一覧

シャローエリアエギング攻略

アオリイカ新子は初秋には極浅いシャローエリアで良く釣れます。
深場にもアオリイカは数多く生息しているのですが、秋のエギングの醍醐味である数釣りを楽しむにはシャローゾーン攻略が重要となります。
堤防釣りや地磯、小型ボートで湾内を釣るボートエギングなど手軽にアオリイカの数釣りを楽しめるのは秋エギングの特徴です。
水深が浅く、ベイトフィッシュが豊富なポイントを狙うのが秋のエギング時期のコツです。
サイトフィッシング(見釣り)も秋エギングでは有効なテクニックです。
日中エギングをするときは偏光サングラスがあれば釣りやすいでしょう。


ディープエリアエギング攻略

上記の釣り方のコツとは真逆のテクとなりますが深場も秋アオリイカの好ポイントとなります。
特に10月後半以降の晩秋エギング、冬エギングでアオリイカを釣るには外すことができない釣りポイントが深場のディープエリアとなります。
ディープゾーンでのエギングは数釣りではなく、主に大型アオリイカを狙うこととなります。
オカッパリエギングより自由に釣ることができるマイボートエギング、レンタルボートエギングがディープエリア攻略には有利です。
深場ディープエリアでは初秋でも1kg以上のキロアップあおりいかが釣れることも多いです。

数釣りのシャローゾーン、大型狙いのディープゾーンが秋エギングの釣り方コツです。

バークレイ パワーベイトエギ薫最新情報
エギング用リール人気ランキング
ボートエギングのワンポイントアドバイス
エメラルダス コロッサル激安販売情報
エギングタックルの選び方のコツ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギングの釣り方重要ポイント一覧

エギングの釣り方重要ポイント一覧



エギング釣り方でアオリイカを釣る為のコツや重要ポイントを紹介します。

あおりいかをエギングで釣る釣り方には抑えておきたいポイントがいくつかあります。
アオリイカの釣りシーズン(釣り時期)は基本的に春と秋です。
春エギングと秋エギングは釣り方や多くアオリイカを釣るテクニックは異なりますが、今回の"エギングの釣り方重要ポイント一覧"ではごく基本的なエギン釣り方のコツを一覧にしました。

エギング釣り方重要ポイント

1 エギのカラー選択ポイント

エギングの一番重要となる餌木の色の選び方には最新の注意を払いたいです。
エギングでアオリイカを釣る釣り師によりエギの色は何色でも良いという方も
おられますが、釣り入門サイトではエギの色は重要な釣りポイントと考えます。
エギングをするエリア(エギングをする地方)により有効なエギの色は変わりますので全ての方に参考にはならないですが・・・

春エギングのオススメエギカラー

基本
エギの背中の色 ピンク、オレンジ系
エギの腹の色 金テープ、赤テープ

秋エギングのオススメエギ色

基本
餌木の背中のカラー グリーン、青、茶色系
(ナチュラルカラー)
エギの腹の色 虹色(マーブル)、金、銀など


基本的なエギのカラー選び方は上記のような感じでOKかと思います。
これらをベースに天候や潮の色などによりその日エギングで釣れるパターンを見つけ出すのがエギングで多くアオリイカを釣るコツでしょう。



エギの大きさの選び方は春エギングは3.5号を基準として4号サイズまで使用するのが一般的です。秋エギングでは2号ほどの小さいエギを使用する方も多いですが3号以上の餌木を使用してエギングしたほうが大きな良型アオリイカが釣れます。
また、潮流が早い釣り場でのエギングや深い釣りポイントでのエギングでは2号、2.5号の小型エギでは釣りにくいケースが多いです。秋エギングでも思い切って3.5号サイズのエギを通して使用するのも面白いエギング方法でしょう。

潮見表の見かた
釣り入門サイト フィッシングボートアウトドア入門サイト無料プレゼント
秋アオリイカエギ人気ランキング
春エギングのコツ
釣れる人気エギサーチ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

23年アオリイカ釣りエギング

23年アオリイカ釣りエギング

2012年の秋アオリイカ釣りシーズンになりました。
23年はシーズン序盤だというのに良い釣果(型の良いアオリイカ)をよく聞きます。



2012年は春アオリイカが良く釣れたあたり年だったので秋あおりいかは不調だろうという予想をたてていたのですが・・・
嬉しい予想ハズレとなりました。

23年のアオリイカエギングの注目は去年の秋エギングシーズンと同じくボートからアオリイカを狙うボートエギングです。
特に去年、大ブレークした釣法であるティップランエギングが今年も面白そうです。

ティップランエギング用タックル(ライン、ロッド、リール、エギなど)が去年にも増し充実してきました。ティップランエギング専用アイテムが増えれば増えるほどこの釣りは身近になります。(釣りやすくなります)

またティップランエギング専門遊漁船も多くなってきました。

今まではティップランエギングを楽しもうと思えば遊漁船で何かと気を使ったり、乗船位置(釣り座)により
ティップランエギングが楽しめなかったりしましたが専門船であれば気を使うことなく存分にティップランエギングを楽しむことができます。

23年の秋アオリイカ釣りシーズンでもうひとつ注目したい釣法があります。

それは浜から回遊性のアオリイカを狙い釣るサーフエギングです。
こちらの釣り方も専用ロッド(サーフエギングに適したロングレングスエギングロッド)をはじめとしたサーフエギングアイテムが充実してきてより楽しみやすくなりました。

一般的なエギング釣法である堤防オカッパリエギング、地磯エギングとは違う魅力があるサーフエギングはこれから大ブレークするであろう注目のエギング釣法です。

ティップランエギングオススメリール
アオリイカが釣れる水深について
ティップラン釣法ボートエギングでオススメのエギ
良く釣れる激安エギ一覧
ボートエギングオススメ遊漁船一覧

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギのカラー選びについて

エギのカラー選びについて

秋のアオリイカ釣り時期です。
数あるアオリイカ釣り方の中でもエギング方法が今では一番ポピュラーになってきています。



エギングでアオリイカを釣る時に必要な餌木(エギ)は今ではかなりの数のメーカーから
かなりの種類のエギ(様々なタイプの餌木)が発売されています。

さらに星の数ほど多い色、サイズ、重さなど・・・

釣具店で陳列されているエギを見ればどれを選んで良いのか釣り人を悩ませます。

今回は秋のアオリイカエギング時期のエギのカラー選びについて詳しく紹介します。

若狭湾(主に福井県)の秋エギングに有効なエギの色選び方法


昼間のエギングに使うエギカラーは基本的に秋アオリはオリーブ色やイワシ色、茶色、ブルー系などの
ナチュラルカラーが良く釣れます。
腹側のエギ色は金テープや赤テープがよく釣れるケースが多いです。

オカッパリエギング、ボートエギングともに先ず選ぶべきエギカラーは上記のような自然な色合いです。


ナチュラル系カラーで釣れない時、または乗りが悪い時は定番エギ色であるオレンジ系やピンク系をセレクトすると
釣果が伸びるパターンが多いです。

また時に爆発的な釣果をもたらしてくれるエギカラーは白系と黒系です。
黒はスミを連想させると以前はエギカラーとして御法度色でしたが・・・
今では好釣果が期待できるエギ色として若狭湾では知る人ぞ知る人気エギ色となっています。


秋時期の夜エギングでは先ず腹側のカラーから選びます。
ナイトエギングではマーブルが一番オススメの腹側の色です。
後、夜光(蓄光)タイプも夜エギングにはオススメです。

マーブル系の腹カラーで乗りがいまいちであれば金、赤などのデイエギングで良く使う色を選んで
その日に良く釣れるエギ色を見つけていきます。

夜エギングの背中側のエギカラーは釣り人から良く見えるオレンジやピンクが釣りやすいのでおすすめです。
特に何色が良いというのは無く、釣りやすさを重視すればよいです。


上記はあくまで目安です。釣行時のアオリイカにマッチしたエギのカラーを見つけるのがアオリイカを
エギングで釣る楽しみのひとつでもあります。ヒットパターンが見つかれば好釣果につながるので
エギングのエギの色選びは楽しく、そして重要でもあります。

サーフエギング釣り方入門
エギング入門オススメタックル
ボートエギングオススメ遊漁船一覧
エギング便利用具人気ランキング
アオリイカが釣れる季節時期

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギングタックルを流用した釣り

エギングタックルを流用した釣り

アオリイカをエギングで釣る方法が定着しました。
エギングの定着により竿(ロッド)、リール、ラインなど本格的なエギングタックルが数々と発売されるようになりました。



エギングブームが始まるまではアオリイカをエギングで釣るにはバス釣りタックルをはじめとした他のジャンルの釣りタックルをエギングに流用することが多かったのですが、今ではそれが逆転し、エギングタックルを他の釣りに流用することが多くなってきました。

エギングに特化したエギング専用タックルの特徴はとにかく高性能な釣具が多いことです。
特にエギングロッド、エギング用リールの進化が凄まじく、アオリイカエギング釣り以外でもエギングタックルはかなり使いやすいものが多いです。

オカッパリエギング用の8フィートクラスのエギングロッドは遠投してブレイクを釣るようなスタイルのバス釣りやチョイ投げ釣りで楽しむキス釣りに最適です。
感度が良いエギング専用ロッドにはこれらの釣りに最適なのです。

7フィートクラスのボートエギング用タックルは本当に数多い釣りに活用することができます。
ヒトツテンヤマダイ釣り、鉛スッテイカ釣り(ツツイカゲーム)、ボートシロギス釣り、カマス釣り、ライトバーチカルジギングなどあらゆる釣りに活用することができます。

リールに関してはエギング専用リールがシマノ、ダイワから発売されています。
主な特徴はダブルハンドルモデルがラインナップされていたり、ハイギア機種がラインナップされていることが多いです。
基本的には他のリールにエギングに役立つ要素が注入されているケースがほとんどです。

エギング専用PEラインも充実も特筆ものです。
今まではエギングにはジギングPEライン、キス投げ釣り用peラインを代用することが多かったのですが
今では反対の図式になっています。
高性能なエギングPEラインをバス釣りやライトジギング、メバリング、アジングなどに流用することが多くなってきました。

このようにエギング専用タックルは様々な釣りに流用することができる時代となったのです。

エギングに必要なもの一覧
激安のエギングPEラインについて
エギングタックルの選び方
エギングラインシステム ワンポイントアドバイス
サーフエギング釣り方入門

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギングの基本

エギングの基本

アオリイカ釣りの定番釣り方となったエギング
エギングであおりいかを釣るメリットは何と言っても手軽に釣りが楽しめる点です。

ロッド、リール、エギ

この3点さえあればエギングは成立します。

淡水釣りではバス釣りの代表されるように手軽なタックル、手軽な装備で楽しめる釣りは人気がでます。

アオリイカをエギングで釣るゲーム性、食べて美味しいイカであるということからエギングは大流行しました。

いうまでもないことですがエギングでアオリイカを釣るための基本を知っているかどうかで釣果が大きくかわります。
今回はエギングの基本をまとめました。




PEライン

エギングを楽しむのであればPEライン(ピーイーライン)を使いこなす必要があります。
伸びが無いラインですのでPEラインを使うためにはショックリーダー(ハリス)を結ぶことと
なります。
FGノットなどラインシステムを駆使してリーダーとPEラインを結ぶのがエギングでは重要となります。

エギングラインシステム ワンポイントアドバイス


季節によりエギの大きさを使い分ける

エギング上級者の方には年中3.5号エギサイズを使う釣り人もおられますが・・・
一般的なエギングを楽しむ方には秋エギング時期初旬には2.5号や3号。
秋アオリ中旬以降は3.5号を使うことをおすすめします。
春エギング時期には3.5号から4号がオススメです。

エギ人気ランキング


底取りの重要性

アオリイカをエギングで釣るための必須テクニックのひとつに底取りが
挙げられます。
しっかりエギを海底ボトムまで落とし底取りができるかどうかで
アオリイカの釣果は大きく変わってきます。
底取りを確実にすることがエギングの基本です。

アオリイカが釣れる水深について


しゃくり

エギをシャクリあおりいかにエギをアピールして落とし込み時やステイ時にヒットに
持ちこむのが一番基本的なアオリイカエギングテクニックとなります。
様々なエギングのシャクリ方、技がありますが一番に考えることは
大きなしゃくりでエギを動かしアオリイカにエギの存在を知らせることが基本となります。

エギングDVD人気ランキング


カーブフォール&フリーフォール

道糸を張りながらエギをフォールさせるテクニックがカーブフォール。
ラインを弛ませストレスなくエギを落とし込む方法がフリーフォールです。
アオリイカの活性によりどちらかのフォール姿勢にあたりが偏るケースが多いです。
意識してカーブフォールとフリーフォールを使い分けることがエギングでアオリイカを釣る
ポイントとなります。

エギのカラー選びについて

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

淡路島のアオリイカ穴場釣り場

淡路島のアオリイカ穴場釣り場

エギングでアオリイカを釣る適した釣り場が点在するのが兵庫県淡路島の特徴です。
エギング釣り方ポイント基礎
淡路島のエギングスポットはメジャースポットも多いですがまだまだ人に知られていない穴場アオリイカ釣りポイントも多数あります。
秋アオリイカ釣り時期日本海について

淡路島のアオリイカが良く釣れる場所で穴場的存在の釣り場を一覧にしました。
エギングのセッティング
(淡路島のアオリイカエギングはランガンでテンポ良く釣り歩くのが基本となります。
秋や春のエギングハイシーズンには穴場と言っても釣り人が全く居ないということは先ずありません。
入りたいポイントに入れない時やアオリイカのアタリが少なくなれば躊躇無く釣り場を変えることが
淡路島エギングで釣果をあげるポイントになります)
エギングに必要なもの一覧



郡家海水浴場

淡路島では定番化しつつあるサーフエギング。
サーフエギングは人気になりつつありますが、岸壁エギングや地磯エギングと比べ
まだまだ釣りをする人が少なく穴場となるポイントが多くなります。
淡路島のサーフエギングで特にオススメのポイントが郡家海水浴場です。
砂地帯の中にほど良くシモリがありそれがアオリイカの好ポイントとなります。
サーフエギングといえば遠投するのが基本ですがこの釣り場ではそんなに遠投する必要がありません。
サーフエギング入門にも最適なポイントとなるでしょう。
釣り人が漁港と比べると圧倒的に少なく、穴場エギングポイントと呼べるでしょう。

鵜崎川テトラ地帯

見るからにアオリイカが良く釣れそうなポイントですが潮流がかなり速い釣り場ですので
パスする釣り人が多く穴場化している淡路島のエギングスポットです。
エギを程よくドリフトさせながら釣れるかどうかで釣果がかわってきます。
北側にある地磯も小さいポイントですがアオリイカが良く釣れるポイントとなります。
越前海岸エギング人気釣りスポット

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

サーフエギングの面白み

サーフエギングの面白み

アオリイカをエギングで釣る方法では(岸釣りエギングでは)漁港、岸壁、地磯などからアオリイカを狙い釣るのが一般的です。
サーフエギング釣り方入門



磯場を中心とした場所でアオリイカを狙うのがアオリイカ釣りの基本ですが、アオリイカは回遊する特性を持ち合わせているイカですので回遊ルートを見つけ釣るのも面白いです。
ボートエギングのはじめ方

そこで面白いエギングが楽しめるポイントとなっているのはサーフです。
サーフの釣りというとキス投げ釣りやヒラメや青物を狙うソルトルアーフィッシングというイメージが強いですが実はアオリイカも良く釣れる場所なのです。

秋のアオリイカ釣りハイシーズンでもサーフ(怪異水浴場などの砂浜)は釣り人が少なく、穴場だらけということが多く、釣り人との競合を避けられるオススメポイントでもあるのです。

サーフエギングでアオリイカを釣るには先ず竿を出す浜の地形を良く理解することが重要となります。
やみくもにエギをキャストしてもアオリイカの回遊に当たることが少なく、アオリイカがサーフに回遊する時は何らかの条件を必要とします。
エギングの釣り方コツ一覧

ベイトが集まる、またはベイトとなる魚が回遊する

サーフの中のシモリや隠れ藻場がある場所

磯場と磯場に挟まれたサーフ

アオリイカが釣れる場所ポイントについて

これらのサーフがアオリイカがサーフエギングで釣れる良い条件です。

アオリイカが釣れるサーフを見つけ出すと一人で大漁を味わうことができます。
そこがサーフエギングの一番の面白みではないでしょうか。
イカのしめ方アイテム一覧

サーフエギングでアオリイカを狙う時はいうまでもなく遠投できるタックルを揃えたいです。
遠投することによりより広くアオリイカを釣り探ることができます。
服装も重要です。サーフフィッシングでは当たり前の釣り服装であるウエーディング装備がサーフエギングでも
有効です。
波打ち際でエギをキャストすることで飛距離を稼ぐことができるでしょう。

サーフエギングを極めると本当に面白いです。
釣り場にエギング釣り人が多くなったここ数年で穴場となる釣り場が少なくなりました。
サーフエギングは釣り人が少ない穴場だらけです。
この点もサーフエギングの魅力を倍増させるポイントとなります。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギング用サングラス

エギング用サングラス

水中の状況を把握するために釣りではサングラスの着用が好ましいです。
またサングラスには目を紫外線から保護することができ、釣り針から目を守ることもできます。

アオリイカをエギングでサイトフィッシングで狙ったり、水中のストラクチャーの状態を目視するためには
サングラスが必要となります。

釣り用として最適なサングラスは偏光レンズを使用した偏光サングラスがエギングには最適です。

エギング用サングラスとしてオススメの高性能偏光サングラスを一覧にしました。

ダイワ TLX003



サングラス用偏光レンズの最高品質を誇るタレックスのレンズを使用した釣り用に最適な
高性能サングラスがTLX003です。
エギングをはじめあらゆる釣りに最適な釣り用サングラスです。
状況に合わせて様々なレンズカラーが選べます。
各色特徴がありますので最適なレンズカラーを選びましょう。
TRUEVIEW SPORTS(BLUE MIRROR)/ TVS BM
LUSTER BROWN(BLUE MIRROR)/ LB BM
VISTA YELLOW(BLUE MIRROR)/ VY BM
EASE GREEN(BLUE MIRROR)/ EG BM
TRUEVIEW / TV
TRUEVIEW SPORTS / TVS
TRUEVIEW SPORTS(CLEAR SILVER)/ TVS (CL/SL)
エギングでオススメのレンズカラーはトゥルービュースポーツやビスタイエローです。


アックス偏光オーバーグラス SG-602P



メガネの上からかけられるオーバーグラスタイプの人気偏光グラスです。
エギング釣り人にもオススメです。
性能の割に販売価格が安い偏光オーバーグラスです。


OAKLEY VALVE Polished α-sight



超人気スポーツサングラスのOAKLEYに釣り用に最適な高性能偏光レンズであるアルファーサイトを装備した
釣り用最強偏光サングラスです。
サイトフィッシングが多くなるエギングに最適なサングラスです。


釣具比較
釣り保険について
エギングで重要なタックル用品一覧
光るエギについて
エギングのセッティング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

エギングで人よりアオリイカを多く釣るコツ

エギングで人よりアオリイカを多く釣るコツ

エギングタックルの充実、数多く発売されるエギング本やエギングDVDなどのおかげで
エギング人気はまだまだ加速しています。
エギングは円熟期となっても良い時期ですが、新しいエギングタックルの開発や発売、新しいエギングテクニックが
うまれ日々進化しています。
また岸釣りエギングだけではなく船からエギングを楽しむボートエギングや釣船で楽しむ船エギングも
進化しています。遊漁船船長がポイント開拓やアオリイカをボートエギングで狙いやすいような操船を
するようになってきてよりボートエギングも人気が加速しています。

知っている人と知らない人とではアオリイカのエギング釣果が変わる。
シンプルでありながら簡単に実践できるエギングで人よりアオリイカを多く釣るコツを
一覧にしました。



・ピンク以外のエギを使う
エギングのエギカラーの基本はピンクと言われています。
これは夜釣りで楽しむエギングで有効なエギ色です。
日中エギングでは茶色や青、アジカラーなどのナチュラル系餌木カラーを中心に
エギングを組み立てましょう。
人より多くアオリイカを釣るには釣れるエギカラーを効果的に使うことが非常に重要となります。
多くの釣り場ではピンク色のエギをキャストしてアオリイカを狙う釣り人が多いです。
そこへナチュラル系エギカラーを投入するとフォローする形となり爆釣するケースが多いです。

・フォローテクニックを駆使する
ブラックバスルアー釣りでは多くの釣り人が実践しているフォローテクをエギングでも使ってみましょう。
バス釣りルアーでいうと強いルアーで魚を寄せたり、魚のスイッチを入れてその後弱いルアーで口を使わせる。
これがフォローテクニックの基本です。
エギングでのフォローテクとは大きいエギや音の鳴るエギでアオリイカを寄せて、その後小型エギで
アオリイカを釣るというテクニックがかなり有効的です。

・竿抜けポイントで釣る
アオリイカがいるのに意外と狙うことの無いポイントは多いものです。
特に竿抜けエギングポイントとなっているのは砂浜地帯です。
いわゆるサーフです。
人よりアオリイカを多く釣るにはサーフエギングの習得は必須です。
特にオカッパリエギングではサーフ攻略は釣果に直結します。

・ラトル入りエギ
ダイワのエギを中心としてラトル入りエギが発売されています。
これが爆釣することがあります。
人より多くアオリイカをエギングで釣りたいのであればラトル入りエギを数個は用意するべきでしょう。
ラトル入り餌木にしか乗らない状況も多いです。
反対にラトル音に反応してイカが釣れない日や状況もあります。

エギングリーダー結び方ノット一覧
エギングバッグ人気一覧
アオリイカ釣り時期について
磯エギング入門
アオリイカを〆る道具

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

中通しエギングロッド人気一覧

中通しエギングロッド人気一覧

中通し竿とは釣具用語ではインターラインロッドと呼ばれる釣り竿です。
一般的なリール用ロッドは外ガイドと呼ぶ釣り糸を通すガイドが付いたものです。
それに対してインターライン中通し竿は釣り糸が竿の中を通る釣り竿です。

エギング用ロッドのほとんどが外ガイドを採用した製品となります。
インターライン中通しエギングロッドは極少数です。
ですが、近年釣具の技術進歩に伴いインターラインエギングロッドが見直されてきました。

エギングにおけるインターラインロッドはデメリットが多かったです。
よく言われた中通しエギングロッドの短所は
飛距離が出ない、重い、感度が悪い、ロッドティップが固く繊細なエギングができないと言われていました。
ですが最近の最新エギングロッドでは上記のようなデメリットを感じなくなってきています。
むしろ、エギングにおけるインターラインロッドはメリットの方が注目されてきています。
中通しのエギングロッドの長所はガイドにPEラインが絡まりにくくトラブルが減ることが
特筆的です。
デメリットが無いインターラインロッドはエギングでは最強のエギングロッドと言っても過言では
ないでしょう。

今回はまだまだ数は少ないですが中通しのエギングロッドの人気製品を一覧にしました。

ダイワ エメラルダス AIR



インターラインルアーロッドといえばダイワと言わしめるほど高性能な中通し竿を作るダイワから
発売されているエギング専門銘柄エメラルダスのインターラインエギングロッドが人気です。
特にAIRシリーズは軽く扱いやすいのでエギングファンから絶大な人気を得ている人気エギングロッドです。
良く売れている中通しエギングロッドです。


シマノ セフィアSS SI



リールはシマノ。ロッドは・・・と言われていた時代は終わりました。シマノのロッドは近年大評判です。
特に今回紹介するインターラインエギングロッドはシマノの物作りの素晴らしさが十分感じられると
多くの釣り人から支持を集めています。
トラブルの少ない中通し竿として人気です。
同じくシマノから発売されているエギングリール セフィアCI4と組み合わせると
軽くて疲れない最強エギングリール&エギングロッドとなります。


エギングで重要なタックル用品一覧
アオリイカ エギングDVD人気売れ筋ランキング
アオリイカ釣り方ナビ
エギング初心者向け売れ筋エギングロッド
ライントラブルの少ないスピニングリール

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

100円エギの可能性

100円エギの可能性

100円ショップや釣具の激安品でよく見かけるようになった100円エギは(200円ぐらいまでが対象)
はたしてアオリイカが難なく釣れるのか・・・。
良く釣り人談義の中で議論されます。



結果からいうと・・・100円激安エギでもアオリイカは難なく釣れます。
ただし100円格安エギは品によりバラつきがあります。
・イカ針側(後ろから)から沈んでしまうエギ
・角度が付きすぎる沈みかたをするエギ
・沈まないエギ
これらのエギは偶然出ない限りアオリイカをエギングで釣ることはできません。
メーカーものの餌木は基本的に製品のクオリティーが守られており、製品にバラつきが
少ないです。
100円エギは製品のバラつきが非常に多く、いうならばアタリエギを引かなければ
エギングになりません。
アタリエギを引くと難なくエギングでアオリイカを釣ることができます。

100円激安エギでエギングを楽しむのであれば、ハンダや糸オモリ、板オモリ、ガン玉オモリなどを
用意して、エギを即座に改造できるようにするべきです。
オモリを使いエギのバランスを整えることで100円エギでもアオリイカをエギングでたくさん釣ることが可能に
なります。

もうひとつの100円激安エギの短所。それは皮の弱さです。
アオリイカの口で直ぐにエギのボディーの皮がはがれます。
メーカー物のエギでもアオリイカの強烈は口でエギを噛まれると皮はめくれてきますが、
特に100円エギは弱いです。
エギの塗装や皮膜を修正するのはマジックペンと瞬間接着剤が役立ちます。
また破れたエギのボディーにアワビシートを張るのも良い方法でしょう。

100円エギにクオリティーを求めるのは酷な話です。
安い100円餌木でアオリイカをエギングで釣るには釣り人の工夫が必要と言えるでしょう。

安いので不良品エギは見切って使うのも得手かもしれません。

エギング釣り方ポイント基礎
エギングで重要なタックル用品一覧
売れている人気エギングPEライン一覧
ティップランエギング用ロッド人気ランキング
エギングのセッティング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサードリンク

sponsored link

サイトカテゴリ

ボートフィッシング入門
▽ボート免許マニュアル
船舶免許(ボート免許)取り方
ボート免許 船舶免許
ボート免許不要ボートについて
▽ボートの買い方マニュアル
中古ボート販売情報
ボート購入ガイド
中古アルミボートについて
船舶保険について
▽レンタルボート情報
レンタルボートについて
▽ボートフィッシング情報
ボートフィッシング入門
ハンディGPSについて

釣り入門について
▽釣り用語解説
釣りの基本釣り用語解説あ行
釣り魚の危険
釣り魚事典
▽釣りの結び方マニュアル
針結び方
ライン結び方
釣り結び方 枝針結び方
バス釣り結び方
▽リールマニュアル
リール糸巻き量
電動リール使い方マニュアル
▽釣り糸について
ラインの種類・使い分け
▽釣り用オモリについて
オモリの種類と釣り用途
▽釣針のこと(フック) 釣り針について
▽ウキの種類
ウキの種類と使い方
▽釣りエサについて
釣り餌一覧
▽海上釣堀マニュアル 海上釣堀ナビ
海上釣掘について
▽バス釣りマニュアル
バス釣り入門
バス釣り結び方
▽雷魚釣りポイント
ライギョ釣り
▽手軽な釣りについて
堤防釣り入門
磯釣り入門
ウキ釣り入門
ザリガニ釣り入門
ファミリーフィッシング・デート向け釣り 堤防釣り 防波堤釣り入門
▽ワカサギ釣りマニュアル
ワカサギ釣りについて
▽フライフィッシングマニュアル
フライフィッシング入門
▽ジギングマニュアル
ライトジギング入門
インチク釣りについて
電動リールジギングの方法
▽夜釣りマニュアル
夜釣り入門
▽イカ釣りマニュアル
スミイカ釣り入門
ヤリイカ釣り入門
アオリイカ エギングについて
エギングワンポイントアドバイス
▽シーバスフィッシングマニュアル
シーバスフィッシング入門
▽シロギス釣りマニュアル
キス釣り入門
▽"イング"系ニュージャンルフィッシング
メバリング入門
アジングについて
▽沖釣りマニュアル
ライトタックル沖釣り入門
胴突き釣り入門
沖釣り入門
▽季節の釣りマニュアル
冬の釣り
▽アユ釣り入門
アユ釣り解禁情報速報
▽エリアフィッシングマニュアル
管釣り入門
▽オススメ釣りマニュアル本 釣り入門に最適な釣りマニュアル本
▽釣具メンテナンスマニュアル
釣具のメンテナンスについて
釣具メーカー別アフターサービス問い合わせ一覧
▽釣具激安情報&釣具カタログ集
中古釣具店情報
釣具比較 釣具インプレッション
釣具激安カタログ
釣具人気ランキング
全国激安釣具店ナビ
釣具買取店ナビ
フィッシングショー2009について
バークレー ガルプについて
フィッシング&アウトドアウェアカタログ
クーラーボックスカタログ
防水携帯電話人気機種
▽フィッシングの基本
釣り入門サイト
釣りの基本 釣りマナー&モラル
▽知って得する釣りのこと
釣りエサ解凍予約販売釣具店情報
釣り&アウトドア&観光 オススメフィールド情報
釣りビジョン番組ナビ
溶けにくい氷の作り方
釣り便利サイト
▽釣った魚を記録する方法
釣った魚の撮影方法
魚の剥製自作作り方
▽魚料理のポイント&魚をおろすコツ
釣り魚釣り方・食べ方
アウトドア簡単料理レシピ
▽魚の〆かた、血抜き方法
魚の締め方
釣った魚の上手な持ち帰り方
▽マイボート釣り釣果情報
釣り釣果速報
▽潮見表 潮汐情報
潮見表
▽釣り保険加入のススメ
釣り保険について

▽釣り公園ナビ
全国釣り公園ガイド
アウトドア入門
▽アウトドア初心者マニュアル
アウトドア入門
ボート・釣り・キャンプに役立つロープワーク
激安アウトドア用品店情報
▽テント設営マニュアル
テントの選び方
▽バーベキュー場情報(雨天BBQ対応)
全国バーベキュー場ナビ

釣り入門サイト  フィッシングボート アウトドア入門サイトマップ
サイトマップ

釣りブログをもっと見るなら

RSSフィード

最新記事

記事一覧

ブログ内検索


| ホーム |
レーシック