sponsored link

スポンサードリンク


エギングメーカ一覧| ホーム | 管釣り入門

全ての記事を表示する

シマノ釣具 ダイワ釣具比較

シマノ釣具 ダイワ釣具比較
電動リール比較

釣具2大メーカー「ダイワ精工」「シマノ SHIMANO」の電動リールを比較してみました。
各社の電動リールのメリット・デメリット、特筆性能・特別機能などを調べてみました。

ダイワ電動リールの特徴

・電動リールの種類(モデル・サイズが豊富)が多い
・アクセル感覚で巻上げ自在のパワーレバーが高性能(ダイワ ハイパータナコン・シーボーグ全機種)
・完全フカセ釣りに使用できる電動リールが数種類ある(SEABORG一部・ハイパータナコン一部)
・深場釣り・ディープゾーンエリアの釣りに対応できる糸巻き量の多い大型電動リールのラインナップも充実している(1000番~)
・手持ちで釣りが出来るサイズの小型電動リールが多彩。バス用リールのに近い小型電動リールもある。(シーボーグ150S・シーボーグ300メガツイン・シーボーグ300FB・250FB)
・手巻きで使用できるギア比設定されたリール機種もある(シーボーグシリーズ一部)
・デザインがスポーティーでカッコイイ。
上級機種電動リールの機能・性能一覧(ダイワ シーボーグ)
・ 夢のハイパワー&ハイスピードを実現したMEGATWINシステム
・ MAG-MAXモーター搭載
・ 手持ちコンセプトに対応する使いやすいロープロボディ&ワンハンドクラッチ
・ ワンプッシュONクラッチ
・ 巻上げ速度実測値表示
・ 船べり停止残り時間表示
・ 26個のボールベアリング使用で超高速仕掛け落下、インフィニット搭載で手巻き性能もアップ
・ ウルトラスプールフリー
・ 滑らかなすべり出しの防水ハイパートーナメントドラグ
・ チョイ巻き/シャクリスイッチ
・ CRBB
・ ざぶざぶ洗える耐水・防水性能
・ アクセル感覚で巻上げ自在のパワーレバー
・ 大型ハンドルノブ&クランクパワーハンドル
・ 操作しやすい切削調整ダイヤル
・ 選べる名人シャクリ&選べる船べり停止
・ コマセタイマー巻上げ
・ 糸送り機構
・ カウンターランプ
・ メモリーバックアップ機能
・ オイルスプレー付
・ スーパーパワーコード
・ 表示補正機能などかなりの性能が充実しています。

シマノ電動リールの特徴(シマノ 電動丸シリーズ)


・シマノ 探見丸CVが接続できる。
・ドラグ性能がズバ抜けて高性能。
・電動リールの機種によるがダイワ電動リールより安価。
・テクニカルレバーはイマイチ。ダイワ電動リールの方が滑らかで素直の操作できる。
・ラインナップがダイワと比べると少ない。
・プログラマーを使わずにラインデータの入力ができる
・イージーメンテナンス、水洗いOK
上級機種電動リール機能・性能一覧(SHIMANO 電動丸 3000XT)
・探検丸対応
・速度一定モード、楽楽モード切替可能な2つのモードを搭載
・プログラマーを使わずにラインデータの入力ができるSLS2搭載
・10cm単位の大型液晶デジタルカウンター(20×27mm)(100m以上は1m単位)
・巻き上げのテンション調整ができるテクニカルレバー搭載(テクニカルレバーでMAXスピードまで調整可能)
・巻きやすくグラつかないクランクハンドル
・自動糸送り機構
・水面0設定
・船べり自動停止はもっとも仕掛けをつかみやすい位置に自動セット
・カーボンドラグワッシャ
・タナ取りアラーム・船べりアラーム
・自動復帰電子ブレーカー
・コネクター防水キャップ
・防水スイッチ
・ファインセラミックガイドリングDDL(ダイレクトドライブ・レベルワインド)
・オートリターンクラッチ
・音が静かなモーター内蔵スプールでコンパクトボディ
・スプールコントロールツマミ
・ラインホルダー
・イージーメンテナンス
・サビに強いA-RB採用
・シマノスーパーコード
・スーパーストッパーII

ダイワ電動リール、シマノ電動リール性能比較感想
どちらのメーカーの電動リールもとにかく高性能です。釣り魚・シュチュエーションにより電動リールを選ぶべきでしょう。
電動リールのデザイン的にはややダイワ釣具の電動リールの方が人気があるでしょう。
シマノ・ダイワともにハイテク電動リールです。
完全フカセ釣りに使用するならダイワ シーボーグシリーズが最適でしょう。
胴突き釣り・こませ釣りなどはどちらのメーカーでもGOODです。
深場釣りにはダイワがオススメです。
ドラグ機能の性能を重視するならシマノ電動リールが良いでしょう。
魚探「探見丸」システムを使用するならシマノ電動丸シリーズしか接続できません。
電動リール電源コードのジャックは2社ともに違いますので使いまわしはできません。
・ダイワ電動リール=ダイワ スーパーパワーコード
・シマノ電動リール=シマノ スーパーコード

ダイワ 電動リール糸巻き量 シマノ 電動リール糸巻き量 ベイトリール両軸リール糸巻き量 スピニングリール糸巻き量一覧
ダイワ シーボーグ300メガツイン(SEABORG 300MEGATWIN)激安情報
電動リール ダイワ シーボーグ300FB激安釣具屋情報
コードレス電動リールバッテリーについて
激安シマノ電動丸1000H シマノ電動丸3000H

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサードリンク

sponsored link

サイトカテゴリ

ボートフィッシング入門
▽ボート免許マニュアル
船舶免許(ボート免許)取り方
ボート免許 船舶免許
ボート免許不要ボートについて
▽ボートの買い方マニュアル
中古ボート販売情報
ボート購入ガイド
中古アルミボートについて
船舶保険について
▽レンタルボート情報
レンタルボートについて
▽ボートフィッシング情報
ボートフィッシング入門
ハンディGPSについて

釣り入門について
▽釣り用語解説
釣りの基本釣り用語解説あ行
釣り魚の危険
釣り魚事典
▽釣りの結び方マニュアル
針結び方
ライン結び方
釣り結び方 枝針結び方
バス釣り結び方
▽リールマニュアル
リール糸巻き量
電動リール使い方マニュアル
▽釣り糸について
ラインの種類・使い分け
▽釣り用オモリについて
オモリの種類と釣り用途
▽釣針のこと(フック) 釣り針について
▽ウキの種類
ウキの種類と使い方
▽釣りエサについて
釣り餌一覧
▽海上釣堀マニュアル 海上釣堀ナビ
海上釣掘について
▽バス釣りマニュアル
バス釣り入門
バス釣り結び方
▽雷魚釣りポイント
ライギョ釣り
▽手軽な釣りについて
堤防釣り入門
磯釣り入門
ウキ釣り入門
ザリガニ釣り入門
ファミリーフィッシング・デート向け釣り 堤防釣り 防波堤釣り入門
▽ワカサギ釣りマニュアル
ワカサギ釣りについて
▽フライフィッシングマニュアル
フライフィッシング入門
▽ジギングマニュアル
ライトジギング入門
インチク釣りについて
電動リールジギングの方法
▽夜釣りマニュアル
夜釣り入門
▽イカ釣りマニュアル
スミイカ釣り入門
ヤリイカ釣り入門
アオリイカ エギングについて
エギングワンポイントアドバイス
▽シーバスフィッシングマニュアル
シーバスフィッシング入門
▽シロギス釣りマニュアル
キス釣り入門
▽"イング"系ニュージャンルフィッシング
メバリング入門
アジングについて
▽沖釣りマニュアル
ライトタックル沖釣り入門
胴突き釣り入門
沖釣り入門
▽季節の釣りマニュアル
冬の釣り
▽アユ釣り入門
アユ釣り解禁情報速報
▽エリアフィッシングマニュアル
管釣り入門
▽オススメ釣りマニュアル本 釣り入門に最適な釣りマニュアル本
▽釣具メンテナンスマニュアル
釣具のメンテナンスについて
釣具メーカー別アフターサービス問い合わせ一覧
▽釣具激安情報&釣具カタログ集
中古釣具店情報
釣具比較 釣具インプレッション
釣具激安カタログ
釣具人気ランキング
全国激安釣具店ナビ
釣具買取店ナビ
フィッシングショー2009について
バークレー ガルプについて
フィッシング&アウトドアウェアカタログ
クーラーボックスカタログ
防水携帯電話人気機種
▽フィッシングの基本
釣り入門サイト
釣りの基本 釣りマナー&モラル
▽知って得する釣りのこと
釣りエサ解凍予約販売釣具店情報
釣り&アウトドア&観光 オススメフィールド情報
釣りビジョン番組ナビ
溶けにくい氷の作り方
釣り便利サイト
▽釣った魚を記録する方法
釣った魚の撮影方法
魚の剥製自作作り方
▽魚料理のポイント&魚をおろすコツ
釣り魚釣り方・食べ方
アウトドア簡単料理レシピ
▽魚の〆かた、血抜き方法
魚の締め方
釣った魚の上手な持ち帰り方
▽マイボート釣り釣果情報
釣り釣果速報
▽潮見表 潮汐情報
潮見表
▽釣り保険加入のススメ
釣り保険について

▽釣り公園ナビ
全国釣り公園ガイド
アウトドア入門
▽アウトドア初心者マニュアル
アウトドア入門
ボート・釣り・キャンプに役立つロープワーク
激安アウトドア用品店情報
▽テント設営マニュアル
テントの選び方
▽バーベキュー場情報(雨天BBQ対応)
全国バーベキュー場ナビ

釣り入門サイト  フィッシングボート アウトドア入門サイトマップ
サイトマップ

釣りブログをもっと見るなら

RSSフィード

最新記事

記事一覧

ブログ内検索


エギングメーカ一覧| ホーム | 管釣り入門
レーシック